• TOP
  • ライフ
  • 元外交官が「米国にとってネットは言論操作の場所」と説く書

ライフ

2011.12.19 07:00  週刊ポスト

元外交官が「米国にとってネットは言論操作の場所」と説く書

【書評】『アメリカ秘密公電漏洩事件 ウィキリークスという対日最終戦争』(原田武夫/講談社/1680円)

2010年末、一般人が内部文書をリークするサイト、ウィキリークスが「アメリカ秘密公電」の暴露をはじめた。それを機に中東民主化革命などが起きたが――。

元外交官である著者はそれらを読み込みながら、その背後に秘められたものを探っていく。そして〈アメリカにとって「インターネット」とは自由な言論空間などではなく、国益のために言論を操作する現場なのである〉としながら、アメリカの次なる標的は日本だという、衝撃の書。

※週刊ポスト2011年12月23日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス