• TOP
  • スポーツ
  • 杉原輝雄氏 自分の口から「引退」の言葉を口にしたくなかった

スポーツ

2011.12.28 17:51  週刊ポスト

杉原輝雄氏 自分の口から「引退」の言葉を口にしたくなかった

前立腺がんのため74歳で死去したプロゴルファーの杉原輝雄氏は、グリーンに立つ自分こそが全てだった。1997年12月に前立腺がんが発覚し、2008年4月にはリンパ節に転移。それでもプレーに影響が及ぶ手術を避けてきた。そして、再び病魔は襲いかかる。リンパから肺への転移が確認されたのだ。杉原氏は、『週刊ポスト』にその時の胸中を明かしている。以下、杉原氏の言葉だ。(週刊ポスト2010年11月26日・12月3日号より)

* * *
体に良いといわれたものは何でも試した。どくだみの葉は家にあったから1日2、3枚は食べて、鮫の軟骨も服用。毎朝、家内の作る野菜ジュースも飲んだ。

それで、がんの数値を示すPSA値が下がって、主治医もこんなケースは稀だから不思議やというてました。自覚症状もなかったし、最初から僕にがんはなかったんやとまで思った。

でもね、実際は病を克服したわけでもがんが消えたわけでもなかった。ホルモン注射の効果で、腫瘍が小さくなっただけやったんよ。

僕は往生際が悪いですから。よくいえば負けず嫌いやし、悪くいえば諦めが悪い。自分の口から引退という言葉を口にしたくなかった。

だけど、今回ばかしは自分が病気を克服して、プレーしている姿を想像できませんわ。グリーンで死なれたらみんなに迷惑がかかってしまうしな。


関連記事

トピックス