• TOP
  • 国内
  • 亀井静香氏にあえて聞いた 「仲間に裏切られない方法」とは

国内

2012.04.23 07:00  週刊ポスト

亀井静香氏にあえて聞いた 「仲間に裏切られない方法」とは

 消費税増税法案の閣議決定をめぐる党の混乱で、4月6日に国民新党を離党した亀井静香前代表。その亀井氏を直撃し、仲間に裏切られない方法をあえて聞いてみた。

 * * *
 オレは今年76になるけど、仲間に裏切られないようにしようなんて考えたことないよ。人を信じるから裏切られるが、だからといって人を信じられないと生きていけない。裏切られたら傷つくけど、生きていくというのは人を傷つけるということで、オレだって知らないうちに仲間を傷つけていたかもしれんさ。

 でもね、政治家は国民を裏切っちゃならない。小泉郵政改革に信念をもって反対し、刺客も立てられ、地獄の底で結党したのが国民新党だった。だからこそ、増税しないという国民への約束を破ることがあってはならんのよ。民の竈(かまど)から煙が立ち上ってないのに、税を取るなんて政じゃない。

 そういって諭してもわからないんだから、これ以上、国民に無様な状況を見せるわけにはいかんじゃないか。仲間に裏切られても、国民を裏切るわけにゃいかん。(政調会長の亀井)亜紀子ちゃんだけは国民への信義を守ってくれたけどね。

 国民新党は1丁目1番地の郵政民営化の見直しはやった。先日の見直し法案には、自民党のほとんどが賛成した。造反したのは3人だけだろう。彼らはオレとは考え方は違うが、筋は通したから評価するよ。

 本当は、自民党の多くの議員は最初から民営化で良くなるとは思っていなかったが、選挙が怖いから小泉(純一郎・元首相)に従っただけ。それが政治家として「裏切られない生き方」だというなら残念な話だよね。

 そういえば石原慎太郎(東京都知事)にも「新党は白紙」といわれて裏切られてるじゃないかって? いやいや、オレは今でも彼を信じてるよ(笑い)。

※週刊ポスト2012年5月4・11日号

関連記事

トピックス