芸能

赤西仁への違約金 「ジャニーズではまずあり得ない」の声

 赤西仁が黒木メイサとの結婚を、所属するジャニーズ事務所に事前報告なしで発表。ペナルティとして、予定していた全国ツアーを中止にし、その違約金を赤西に自己負担させると報道された。その額、なんと4億5500万円にのぼるという。
 
 このニュースに驚いた方もいるだろう。だが、その後、この発表自体が“ポーズ”ではないか、との指摘もあった。実際、赤西に違約金なるものは発生するのだろうか? 芸能プロダクション関係者は語る。

「代わりのいない個人事務所ならいざしらず、数多くのアイドルを抱えるジャニーズ事務所に違約金が請求されることは、まずないと考えて差し支えない。なぜなら、もし仮に赤西にコンサートツアーが組まれていたとして、そのツアーが中止になったとした場合、必ず代役を立てるでしょう。SMAPや嵐じゃなくても、若手のHey! Say! JUMP、Sexy Zone、Kis-My-Ft2、NYCでも、アリーナクラスを満員にできる。違約金の話が出てくる余地はない」

 ジャニーズ事務所だけに限らず、芸能人が大手事務所に所属するメリットは、スキャンダルや不祥事を起こしてしまった際にこそ、感じられるものかもしれない。

「仮に、あるタレントがCM出演中にスキャンダルが出てしまった場合でも、極端な話、企業側は『もっと格上のタレントを使えるチャンスが生まれた』くらいに考えているはず。大手事務所は、代わりがいくらでも利くんですよ」(同前)

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
街コンにも様々なタイプが…(イメージ)
既婚者だけが集まる「不倫街コン」 会場全体で「パートナーには内緒」の共犯関係が成立
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン