芸能

木梨憲武 安田成美と離れて「すっかりホテルの住人」になる

 たとえば3月初旬のある夜はこんな感じだった。都内の超高級ホテルの中にある中華料理店をひとりで訪れると、前菜をつまみにビールを飲み、最後は五目あんかけ焼きそばを食べて部屋へと帰って行く。

 また4月中旬の早朝には、同じホテルのフランス料理店で朝食をとり、仲間とゴルフへ。さらに5月中旬の午後には、眠い目をこすりながら手ぶらでこのホテルから出かけて行った。

 そして6月初旬には、前出のフランス料理店のテラス席で友人の佐藤浩市(51才)とランチを楽しんでいた。

 この春ごろから、とんねるずの木梨憲武(50才)は、長期滞在契約をしているホテルで、そんな生活を送っている。スタッフや友人が一緒にいることはあっても、そこに妻・安田成美(45才)や子供たちの姿はなかった。

「ホテルに出入りするときはいつも手ぶらで、従業員も当たり前のように“いってらっしゃいませ、木梨さま”“お帰りなさいませ、木梨さま”っていうんですよ。すっかりホテルの住人になっていますよね」(同ホテル関係者)

 都内の高級住宅街にある約400平方メートルもの広大な土地に建てられた地上3階、地下1階の豪邸。その自宅から車でわずか5分ほどのところに、現在木梨が生活しているホテルはある。“おしどり夫婦”といわれてきたふたりに一体何が起きているのだろうか。

 1994年に結婚した木梨と安田は、2男(16才と13才)1女(9才)の3人の子供をもうけた。しかし、夫妻を知る人物は「ふたりはもともとすれ違い夫婦だった」と証言する。

「成美さんは結婚しても仕事を続けることが条件だったんですが、結婚してすぐに子供ができたんです。彼女は仕事を休んで子育てに専念していたんですが、憲武さんは仕事も遊びも、結婚する前とほとんど変わらずでした。そんななかで何度も危機はあったそうですよ」

※女性セブン2012年6月28日号

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン