• TOP
  • 芸能
  • 大江麻理子アナ すっぴんは別人で“ミス・アドマジック”評

芸能

2012.06.23 07:00  週刊ポスト

大江麻理子アナ すっぴんは別人で“ミス・アドマジック”評

 テレビでは、メイクばっちりの女子アナたち。だが彼女たちは、有名タレントや業界人がひしめく局内をすっぴんのまま闊歩していることが多い。中には、目撃してしまったほうが困惑してしまう「すっぴん」もある。

『出没!アド街ック天国』などテレ東の看板番組を担当するエース・大江麻理子(33)は局内で「メイク室の主」の異名を取る。

 あるテレ東のスタッフがいう。

「メイク時間は他の女子アナの約2倍。これほどビフォー・アフターが違う人も珍しい。すっぴんも美人なんですが、目元がまるで違ってもう完全に別人です。他の女子アナは、“あれだけ変われば、街中でも変装の必要なんてないね”と妙に感心したり、“ミス・アドマジック”とアダ名を付けたりしてます」

※週刊ポスト2012年6月29日号

関連記事

トピックス