国内

東京都がふぐ条例改正 専門店は「第二のレバ刺し化」を懸念

「魚の王様」と評される高級食材だが、誤って有毒部位を食べれば中毒症状で死に至るケースもあるフグ(河豚)。東京都はこのほど、飲食業向けにフグ料理の取り扱いを定める都条例を改正し、10月1日より規制緩和した。

「『身欠き』(内臓など毒のある部位を取り除いた切り身)は、一般消費者でも自由に買える時代なのに、東京の飲食店だけフグ調理師の免許がないと出せないなんて時代遅れの条例だった」

 と話すのは、都内の割烹料理店店主。今回の条例改正により、この身欠きフグに限り、専門の調理師資格がなくても飲食店で仕入れや加工、販売ができるようになった。フグの産地で知られる山口県など約30の道府県では、すでに加工品のフグであれば“無免許”で提供できることを認めていただけに、東京だけが出遅れていた。

 ここまで都が規制緩和に慎重だったのには訳がある。1980年代に一度、身欠きフグの販売解除を検討したが、有毒部位が取りきれていない商品が多く出回り、断念した経緯があるのだ。しかし、「あの時と今とでは状況が違う」と、前出の店主はいう。

「フグの毒は海中のエサについている細菌が蓄積されたものと考えられていますが、最近多く食べられている養殖のフグは無毒のエサを食べているので、毒性はほとんどないんです」

 厚生労働省は「フグの毒化のメカニズムが解明されたわけではない」とのスタンスを崩していないが、いずれにせよ、都の規制緩和により数多くの飲食店、中でも回転寿司チェーンや居酒屋などでフグメニューが一気に増えると見込まれている。

 仕入れ元である東京・築地市場では、これから“稼ぎ頭”になるであろうフグを新規で販売する認可を得ようと、都が開く講習会に数多くの仲卸業者が参加しているという。

「今後、フグのマーケットが拡大すれば、価格競争で仕入れ値はどんどん安くなる。東京に進出してくるフグ業者もたくさんあり、より美味しいフグが安く食べられる日も近い」(築地市場関係者)

 期待する声が多い半面、規制緩和による安全性の弊害を指摘する声も根強い。

「フグを加工する専門業者が急増する需要に追い付かず、除毒しきれていない身欠きフグを出荷してしまい、それを免許のない調理師が見分けられないでお客さんに出してしまう……なんて事態が起こらないとも限りません。そうなれば、“第二のレバ刺し”になって、風評被害がわれわれにも及びかねない」(都内の老舗フグ料理専門店)

 2010年までの10年間で、フグによる食中毒事故は全国で336件あり、うち23人が死亡している。また、東京都が2年前に専門業者を対象に行った調査では、470匹のうち29匹で有毒部位の除去が不十分だった――という気になる結果も出ている。

 さらに、昨年には「ミシュランガイド」で3年連続二つ星を獲得した東京の有名料理店が、客への提供が禁止されていたフグの肝臓を出し、それを食した女性が唇のしびれを訴えて入院。後に店主が書類送検される事件が起きている。こうした違反行為が今後増えてくる危険も十分にある。

 鍋料理が恋しくなる季節――。飲食業界にはフグの安全性をどこまで担保しているかを、消費者にいち早く示すことが求められている。

関連記事

トピックス

「お芝居はまだ勉強中」と話す莉玖(写真は本人のインスタより)
【主演映画も決定】平野紫耀の弟・平野莉玖、デビューまでの道のり アパレル事業から俳優へ、伏せていた兄との関係を明かしたタイミング
女性セブン
ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
「Number_iなんで出ないの?」『ZIP!』が番組表に「話題MV」記載も「出演ナシ」にファン困惑 日本テレビ・TOBEによる「緊急変更の正式回答」
NEWSポストセブン
復帰したほしのあき
《10年ぶり芸能界復帰のほしのあき》グラドル仲間のSNSうつり込みで密かに手応え感じた「復帰タイミング」
NEWSポストセブン
大牟田署に入る浪川総裁
《抗争で死者14名》敵対していた九州暴力団「道仁会」「浪川会」トップ2人が突然の引退 直撃に明かした「引退後の生活」
NEWSポストセブン
パルテノン神殿での佳子さま
ギリシャをご訪問の佳子さま、パルテノン神殿では青と白の“ギリシャカラー”のカジュアルな装いでお出まし
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
噺家生活15周年を迎えた月亭方正(撮影/小倉雄一郎)
「僕は居心地がよくなかった」 噺家生活15年・月亭方正が落語にのめり込んだ理由 立川志の輔に「『鼠穴』を教えてください」と直談判
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン