芸能

胃がんの宮迫博之 鬼嫁もショック受け「物が喉を通らへん」

 11月上旬に受けた人間ドックで異常が見つかり、精密検査を行った結果、胃がんであることが判明したというお笑い芸人の宮迫博之(42才)。そんな宮迫には、1996年に結婚した妻・A子さん(43才)と小学6年生の長男(11才)がいる。

 A子さんは、宮迫が「いつも折檻されている」とネタにするほどの“鬼嫁”として知られるが、夫の病気を知らされてからは、ショックを隠しきれない様子だという。

 義父が、宮迫の病気の一報を受け、奥さんと一緒に東京に駆けつけたときのこと。

「数日が経って、ある程度落ち着いたので嫁と一緒に一度、大阪に帰ろうってことになったんやけど、娘(A子さん)が“おってくれぇ。おってくれぇ…”って言うもんやから、嫁だけは東京に残してきたんです」(義父)

 思いも寄らぬ夫のがん発症に打ちひしがれ、家事も満足にできない状態にあるというA子さん。現在、宮迫の義母、すなわちA子さんの実母が長男の面倒や家事も引き受けているという。

「A子は気落ちしてしまって…。普段、あいつはよく飯食いよるんやけど、今は物が喉を通らへんみたいで、嫁が“なんか考え込んでしまって、ご飯も食べよらへんねん…”って心配して電話してくるんです」(前出・義父)

 宮迫は、今まで一度も見たことのない妻の憔悴ぶりを目の当たりにし、これは自分が腹をすえて、病気と立ち向かうしかないと覚悟をしたようだ。義父がこう続ける。

「逆に宮ちゃんは元気いっぱいで、ご飯はいっぱい食べてるみたいやし、明るい調子で“ほな行ってきまーす!”って…。どこが悪いんやろうと思うくらいやねん。本当はつらいんやろうけど、家族の前では絶対にそんな表情は見せへんのや」(前出・義父)

 また長男にがんのことを告げたのも宮迫自身だったという。病気発覚当初は、長男に知らせるつもりはなかったというが…。

「宮ちゃんは、心配させるから言うて、最後の最後まで伝えるのを悩んでいたんやけど、報道が出るとなって…。それで知るよりはと、自分の口から伝えたいと思ったんやろうね。告げられた孫は、それはショボンとして、今まで見たことないような寂しそうな顔やったって…」(前出・義父)

※女性セブン2012年12月20日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト