• TOP
  • ライフ
  • 「排卵日頃は誘惑が多くセックスに及ぶ頻度も高い」とのデータ

ライフ

2013.01.22 16:01  女性セブン

「排卵日頃は誘惑が多くセックスに及ぶ頻度も高い」とのデータ

 セックスには「匂い」が重要な役割を果たすという。それについて『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)でもおなじみの脳科学者・澤口俊之氏が解説する。

 * * *
 セックスには「匂い」がとても重要な役割を果たします。嗅覚というのは、とても原始的な感覚です。そのせいもあり、人間は、匂いによって無意識のうちに行動をひそかに操られています。

 十数年前(?)を思い出してください。生理のとき、なぜだか男性からの誘惑が少なく、セックスに至ることがなかったという経験を持っていませんか? 一方、排卵日ごろは、誘惑が多く、セックスに及ぶ頻度も高いというデータがあります。実はこれも、匂いのせいなのです。

 女性は生理中に独特の匂いを発します。普段、気づくほどの強い匂いではありませんが、その匂いをかいだ男性は原始的な脳領域が働き、性欲をあまり抱かなくなります。そのため、生理中の女性とセックスする気持ちにならない傾向があるのです。

 かように、人間の恋愛は、原始的な行為についても、高度な脳領域を働かせなければならない、やっかいなものなのです。

※女性セブン2013年1月31日号

関連記事

トピックス