ライフ

婚活女性記者 55才になってやっと適齢期を迎えたと実感する

 55才にして婚活を始めた女性セブンの名物記者・オバ記者。59才男子を家デートに誘ったもののドタキャンされてしまったのが昨年末。しかし、その後、積極的に婚活中という。以下は、オバ記者による“婚活ノート”だ。

 * * *
 今、家デートは敷居が高すぎると悟ったが、しかし男子に会わないと話にならない。

 年明け早々、鉄道仲間の新年会に出席した。魚の焼く匂いが充満している“おっさん居酒屋”で幹事Fさんが「こっちこっち~」と手を振った。

「婚活相手、いろいろ用意しといたからさ。とにあえずB君とS君の間にすわって」

 30代後半とおぼしき顔見知りのふたりだ。気楽に足を踏み出そうとした瞬間、40才前半・独身で“ロリコン”の幹事Fさんが悪意のひとかけらもない顔で「ふたりとも童貞だよ」とのたまった。

 満座の中で「童貞」と決めつけられたふたりはテレくさそうに笑っていたけど、私はその席に座れなかった。

 飲み会が終了後、幹事Fさんから「ついでにA君の筆下ろしもいかがですか?」とメールがきた。

 が、それにしてもわからないのが童貞男子と私の婚活の因果関係だ。

“童貞”といえば、私が喜んで飛びかかるとでも思っているのか。万が一、私が飛びかかったら童貞くんはウッキーッと頭に血が上って、求婚するかもしれないからそれを狙えということ?

 幹事Fさんがそう言ったワケではない。ただの軽口なのはわかっているのにひどく堪えた。孫がいるようなこのトシで、ツレアイ探しにミジメさはつきものなのだろうか。

 それでも結婚したいかと手を我が胸にあてて聞く。

「…したい」

 ひと晩ぐっすり寝たら気分がコロッと変わったのだ。

「ラクに息ができる男性と、時間を積みかさねたい。そういう相手を探したいんだよね」

 小娘編集嬢Aに言いながら、私は生まれて初めて“婚活”に取り組んでいることに驚いた。若いころは恋愛して結婚したい。そうすべきだという思い込みはあったものの、実際は恋愛という名の勘違いに浮かれ踊って、最後は「話が違う」とののしり合い。

 たまたま一度だけ結婚に結びついたこともあったけど、離婚後はハクをつけたような気分になって恋愛評論家気取りだった。“イチロー、今日は打てねえのかよ”って言ってるおっさんと一緒。男友達から“ご隠居さん”と言われたこともある。

 それがプレーヤーとしてバッターボックスに立ったらどうだろう。心細いなんてもんじゃない。他人のひとこと、風の音にも胸が震える。

 実はその感じが、悪くないのよ。毎日、今までやらなかったことにひとつひとつ、挑戦しているのが。55才になった今、私はやっと結婚適齢期を迎えた気がする。

※女性セブン2013年2月7日号

関連記事

トピックス

角谷アナにA氏との関係を聞くと「ちょっと急いでまして、すみません」と回答
【入手】結婚のテレ東・角谷暁子アナが友人だけに「イケメンマッチョな旦那写真」を公開していた「生きてこられて幸せです」
NEWSポストセブン
スマホで電話をかける藤木直人
藤木直人、大東駿介、片桐仁が名門私立幼稚園の舞台にサプライズ出演 「100万円稼ぐ」の言葉に保護者感動
NEWSポストセブン
スッキリ休んで躍進に備える?(写真/ロケットパンチ)
日テレ・岩田絵里奈アナ『スッキリ』終了でも「秋の改編」で期待される「岩田無双」
週刊ポスト
別居していることがわかった篠田麻里子
《離婚発表》元夫はなぜ篠田麻里子の「言葉を信じる」ことになったのか 不倫疑惑に「悪いことはしていない」
NEWSポストセブン
行方不明になった隼都さん
《壱岐市高校生が遺体で発見》虐待疑惑の里親を「みんなで支える」教育長の聞き取りに複数の実親が出していた答え
NEWSポストセブン
WBC表彰式後の大谷翔平(AFP=時事)
WBC決勝前、大谷翔平はなぜ「憧れるのをやめましょう」と言ったのか 心理士が指摘する“憧れ”の副作用
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
14年ぶり世界一に日本中が歓喜した
【侍ジャパン】次期監督、工藤公康が有力候補も「消極的」か 3年後の世界一に相応しいのは?
NEWSポストセブン
任意聴取時には「救急車を呼ぼうとしたが」とも話していたという
【肉声入手】京都タリウム殺人 完全黙秘の容疑者が知人に明かしていた「彼女の死後に宇多田ヒカルで号泣」「20万円の“弔いシャンパン“」
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
“年内8冠”への期待も(時事通信フォト)
藤井聡太が6冠制覇も“年内8冠”はあるのか 最大の敵は「ハードスケジュール」
週刊ポスト
WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン