芸能

元戦隊ヒーローの歌謡グループ 営業先で客に絡まれることも

 戦隊ヒーローといえば今や子供だけでなく、そのイケメンぶりから母親世代にも大人気だが、百獣戦隊ガオレンジャー、仮面ライダーアギト、忍風戦隊ハリケンジャー、仮面ライダー龍騎といった一世を風靡した元戦隊ヒーローたちが中心になって、ムード歌謡グループ「純烈」を結成し話題を集めている。

 きっかけは、リーダー・酒井一圭(37才)の提案だった。

「子供のころからこの業界にいますが、プロデュース業もこなすうち、何か新しいことをやりたいと思っていたんです。同期の玉山鉄二(32才)とか要潤(31才)はバリバリ活躍しているし、せっかく表舞台に立っているわけですから。そんなとき、親の世代でも知っている歌謡曲を自分たちが歌ったら話題になるだろうし、活躍して紅白歌合戦に出場すれば親孝行にもなるんじゃないかと思って。そんな思いを伝えてメンバーをスカウトしていきました」

 メンバーは元戦隊ヒーローたちに加え、東京理科大学の学生だった後上翔太(26才)とバンドミュージシャン林田達也(30才)。ムード歌謡という未知のジャンルで、全員が快諾したことに驚かされるが。

「もともと歌を学んだわけでもないし、ムード歌謡=正直ハテナでした。でも何か挑戦したかった」(白川裕二郎・36才)、「活動のために大学も中退したので、親には猛反対されました(苦笑)。でも、未知な世界だからこそ、自分でもできるんじゃないかって思えた」(後上)というように、メンバー全員が酒井の考えに共感し“面白いことをしたい”という気持ちで集結した。

 しかし、営業先は今もキャバレーやスーパー銭湯、ショッピングセンターなどが多い。華々しいテレビの表舞台とは一転したが、苦労は感じないのか?

「酔ったお客さんとか、怖そうなかたに絡まれることもありますけど、嫌だと思ったことは一度もない。カリスマ性はないかもしれない。でも身近な存在でいたいから、お客さんをステージに上げて一緒に楽しんでもらいます」と口を揃えるメンバー。

 ときには、「イケメン俳優のままでいいのに」と厳しい言葉も浴びるそうだが、逆にそれが「絶対成功してやる」という奮起につながるという。

 そんな彼らの奮闘ぶりに目をつけたのは、テリー伊藤(63才)。「キャバレーに来てくれて、とても面白がってもらいました。それから朝の情報番組『スッキリ!!』やラジオに何度も呼んでいただきました」(酒井)。

 お客さんを笑顔にするヒーローが夢の舞台に立つ日も遠くないかも。

※女性セブン2013年2月28日号

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン