ライフ

風疹 首都圏の患者数は昨年の30倍で20~40代男性が圧倒的

 かつて数年に一度大流行を起こしていた風疹は、1994年の予防接種法の改正で、男女幼児のワクチン接種が定期(無料)になり、罹患数が激減した。しかし2011年以降、患者が増えている。その理由としてベトナムなど東南アジアでの風疹の流行が、日本に入ってきたのではないかと考えられている。

 今年に入り東京、神奈川など首都圏での患者数が昨年同期と比べて30倍以上のペースで増えており、20~40代の男性の患者が圧倒的に多い。この年代はワクチン接種率が低いか、あるいは接種機会がなかった世代であり、30~50代前半の5人に1人が風疹の免疫がないという報告もある。

 国立感染症研究所感染症情報センター第3室の多屋馨子室長に話を聞いた。

「風疹の確実な予防法はワクチン接種ですが、1979年4月1日以前に生まれた34歳以上の成人男子は、風疹ワクチンの定期接種の機会がなかったので、免疫を持っている人が極端に少なくなっています。また現在、23~33歳の男女も接種率が低いので、風疹のリスクが高いといえます」

 麻疹・風疹ワクチンはすべての医療機関で接種できるわけではないので、事前に電話などで確認し予約する。麻疹・風疹ワクチンの費用は1回約1万円で、1回の接種で95%予防でき、2回ではほぼ100%予防可能だ。

 今年3月末までの時限特例として、中学1年生と1994年4月2日~1995年4月1日生まれの人は無料で予防接種できる。風疹は春の終わりから夏にかけて発症のピークだが、今年はすでに流行が始まっている。早目の予防接種が望まれる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2013年3月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン