芸能

初の著書出版の長谷川豊アナ「フジは人材育てる姿勢が希薄」

この春フジテレビを退社しフリーとなった長谷川豊アナ

 この春フジテレビを退社し、フリーアナウンサーとなった長谷川豊氏(38)の初の単行本『いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話』(小学館)が8月30日に発売された。テレビへのカムバックも果たし、今ノリにノっている長谷川氏に、業界の最新事情を聞いた。

 * * *
 今フジテレビは、主力の女子アナが次々にフリーとなって流出していくという危機に陥っています。残された最後の砦が加藤綾子ですが、周りがどんどん抜けてしまったぶん、彼女に過剰な負担がかかっているのは目に見えて明らかです。このまま局が彼女ひとりに過剰な負担を負わせ続けるようであれば、加藤までもがフリーに、ということになりかねません。

 また、今のフジテレビには女子アナを含め、人材を育てていくという姿勢が希薄なように思われます。たとえば、(元NHKの)住吉美紀さんを起用した『知りたがり』も、(元日本テレビの)西尾由佳理さんを起用した『アゲるテレビ』も、局アナを使わずフリーを起用してコケた。そして後番組には何が来るかと思ったら、なんとドラマの再放送。それで視聴率が稼げればおいしいと思っているのかもしれませんが、これでは人材は育ちません。

 当然、局アナたちにも忸怩たる思いはあるはずですが、アナウンサーは局に対し声をあげられる立場にないのです。

 今回の本では、そういう社内でのアナウンス室の微妙な立ち位置についても書いていますから、ぜひご覧ください。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン