国内

ママタレ好感度1位は小倉優子 理由は生活の「きちんと感」

10日、ミキハウスが「好きなママタレント」の調査結果を発表した。調査は、20代~40代の女性を対象に、有効回答数は1286人。それによると、1位はダントツで小倉優子(29)だったという。

2位は、北斗晶(46)・梨花(40)が同列。10位までのランキングは以下のとおりだ。

1位 小倉優子
2位 北斗晶・梨花
4位 東尾理子
5位 辻希美・藤本美貴
7位 くわばたりえ
8位 木下優樹菜
9位 江角マキコ
10位 松嶋尚美

最近では互いにしのぎを削り、派閥まであるという「ママタレ」枠。そのなかで小倉が1位となった理由は何だろうか。

タレントのブログに詳しい編集者によると、「小倉は料理に研究熱心で、見た目も美しい手料理をたくさん掲載するなど、実生活がきちんとしていることが伝わってくる」という。「子供のことを“チビ”などといった愛称で呼ぶタレントが多いなか、息子の名前こそ伏せるものの、ブログ上では『息子』と“固い”表現。文章も基本的に“です・ます”調で丁寧な印象を与えます。子供の顔はスタンプで隠したりせず、後ろ姿などで工夫し、上手にブログに載せています」(編集者、以下「」内同)。ブログの内容は、あくまでも“前向き”なブログを心がけているようで、それも好感度を後押ししているといえる。

北斗晶については、「『ダメなものはダメ』ときっちり言いそうな姿勢が評価されているのでしょう。夫の佐々木健介との夫婦仲の良さ、家族の仲の良さも高評価を保っています」とのこと。料理なども頻繁に掲載しているが、「イワシが安いことに喜んだり、ついついたくさん食べてしまったり、という庶民的なところもポイントです」と分析する。

また、梨花は、自身がプロデュースするブランド「MAISON DE REEFUR」が好調。出産を機に、ガーリー路線からシンプル路線へと変更したものの、クリエイティブ能力を最大限に発揮している。「ブログも、とにかく掲載する写真がオシャレ。文章も、ダラダラ書くのではなく、『…』やハートマークを使用し、温かさを伝えるものになっています。梨花の場合は、ママの“憧れ”を具現化した生き方が、好感度に繋がっているといえそうです」

9月20日には夏川純が女児を出産。今後は仲里依紗や西山茉希、スザンヌといった女性芸能人たちが出産を控えている。ますます激化する“ママタレ”枠、立ち位置を確立するのも大変だ。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン