国内

総理執務室撮影したNHK美人解説委員に局内部から痛烈な批判

 安倍政権が10月25日、国会に提示したNHKの経営委員人事案は、安倍晋三首相と対談したばかりの作家・百田尚樹氏、安倍応援団の代表格である保守派の評論家・長谷川三千子氏、そして安倍氏の元家庭教師だった日本たばこ産業(JT)顧問といった、首相に近しい人々だった。「安倍支配が始まった」と、NHK局内では早くも悲鳴が上がっている。

 だが実はそれに先だって、安倍政権とNHKの接近を物語ることが起きていた。10月5日に放送されたNHKスペシャル「ドキュメント消費増税 安倍政権 2か月の攻防」の冒頭は、「NHKのカメラが、今回初めて総理大臣執務室に入りました」で始まる。安倍首相がどのような覚悟と勇気を持って決断したかが描かれた番組だ。

 この番組で総理執務室に入り、首相の独占取材を行なったのが、「いま一番安倍に近い女性」といわれる岩田明子・解説委員である。

「彼女は40代半ばで天海祐希似の美人記者として有名。番記者時代からの縁で、いまや安倍番の筆頭といわれた産経の阿比留瑠比記者をしのぐほどの信頼を首相から得ており、政権とNHKの“近さ”を象徴する存在」(政治ジャーナリスト)

 だが、この親しすぎる関係に、NHK内部では痛烈な批判が上がった。

「総理執務室に入ったのが特ダネって、政権に取り込まれただけじゃないですか! しかもインタビューの内容は、『こういう状況だから、理解をしてほしい』という首相の言い分を垂れ流すだけ。彼女自ら『安倍総理には秘策がありました』などとナレーションしてますからね。

 さらに、閣僚らに番記者が密着する際、ハンディカムの小型カメラを使用して、わざとらしく手ぶれの感じを出して密着感を演出している。閣僚たちの苦しい立場を踏まえて『決断する首相』をアピールしただけ。これではNHKは政権の広報機関でしかない」(NHK社会部記者)

※週刊ポスト2013年11月22日号

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン