芸能

『ごちそうさん』小姑役で注目のキムラ緑子の離婚と復縁再婚

 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で、ヒロイン・め以子(杏)を強烈にいびる小姑・和枝役で注目度が高まっているのが、キムラ緑子(52才)だ。

 兵庫県淡路島に生まれたキムラ。中学校時代はテニス部、高校時代は剣道部に入部するなど体育会系だったが、京都の大学に進み、2年生の時に演劇の世界に出合う。しかし、卒業後は再び淡路島へ。当時のことをキムラの母・芳子さんはこう振り返る。

「卒業間際やったかな。急に“オーディションを受けて受かったんや。行かしてくれ”と言われてね。大学さえ卒業したら、ぼつぼつと結婚準備でもしたらええと思ってたから、ほんまに寝耳に水だってね。それで主人とふたりで京都まで飛んで行って、一晩中あの子を説得したんです。“新車買ってやるから”言うて、結局、200万円もするグレーのスポーツカーを買ってやったわ(笑い)」

 卒業後は家庭教師で英語を教えていたというキムラだが、芝居の道をあきらめきれていなかった。現在のキムラの夫で劇作家のマキノノゾミ(54才)が立ち上げた劇団『M.O.P.』に入るため、同じ年に家を飛び出してしまっていたのだ。

「マキノさんとは、彼女が大学時代に演劇サークルで知り合ったんですが、当時のマキノさんはスラッとした長身で髪も長く、彼女は一目惚れしてしまったんです。一度は実家に帰ったけれど、忘れられなかったんですね。でも、家族から勘当されてしまいましたから、しばらくは泊まるところさえなかったそうです。カレー店でアルバイトをしたりして生計を立て、なんとかお芝居の道を貫いていました」(キムラの知人)

 そして1992年ごろ、ふたりは結婚を決める。看板女優のキムラは注目を浴び、1998年には野田秀樹演出の舞台『ローリング・ストーン』にも抜擢。2005年には第12回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。

 夫のマキノも、1998年に第5回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞し、2002年にはNHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本を担当するなど、劇作家としての地位を確かなものにしていた。だが2005年頃、ふたりは離婚してしまう。

「“旦那さんが演出家なんだから良い仕事が来るのよ”って陰口叩かれたことにキムラさんは腹を立てて、離婚したんです。“実力の世界でやってやる!”って。マキノさんも彼女の気持ちをくんで、“毎日必ず連絡を取り合うという約束を守るんやったら”と離婚を認めたんです」(前出・キムラの知人)

 離婚後もふたりは、互いのブログに登場し合い、飼い猫もふたりの自宅を行き来する生活が続いた。

「離婚は親戚から聞くまで知らんかった。全然言うてけーへんもん。自分さえしゃんとしとったら親には心配なんかさせへんと思ってたんと違う? そういう気持ちで離婚したんやろ。そのへんがあの子の肝っ玉の大きいところやねん。それで何年かしてからあちらこちらからも声がかかるようになって。またもういっぺん(マキノさんと)一緒になったんです」(前出・芳子さん)

 マキノと復縁再婚したのは2010年頃、劇団が解散する時だったという。

※女性セブン2013年12月5日号

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト