• TOP
  • 芸能
  • 美奈子 注目を集める背景に無防備さとヤンキーへの郷愁

芸能

2013.12.01 07:00  NEWSポストセブン

美奈子 注目を集める背景に無防備さとヤンキーへの郷愁

『痛快!ビッグダディ』で注目を集め、タレントに転身した美奈子(30才)。ビッグダディと離婚し、6人の子供のシングルマザーとなってからは、バラエティーやイベントに引っ張りだこ。自伝『ハダカの美奈子』は23万部を突破し映画化もされた。今月発売された子育て本『母親失格 それでも、子どもが強く明るく育つ理由』も話題だ。一方で、彼女の言動にはいつも批判の声がつきまとう。われわれはどうして美奈子のことが気になってしまうのか? コラムニストのペリー荻野さんに聞いた。

 * * *
 見ている人の共感と反感が、これだけはっきりわかれる人も珍しいです。彼女は著書で15才での妊娠や親からのDVなど壮絶な過去を告白していますけれど、これに関しても“苦労してるね。気持ちはわかる”という共感がある一方で、“子供が嫌な思いするのになぜこんなことするの”という反発の声も多い。その振れ幅が非常に大きいのが特徴です。
 
 芸能界でも、離婚したママドルで、山口もえさんとか、千秋さんとかいますよね。彼女たちの場合、離婚や子育てのことを語っても、共感も反感もあるけれど、その振れ幅は美奈子さんほどないと思うんですね。

 なぜ美奈子さんは、これだけ注目の対象となるのか。そのひとつは、彼女の危うさ、無防備なところにあるのではないでしょうか。テレビを見ていると、赤裸々に過去を語ったり、シングルマザーへの講師役をやったり、あまり後先の事を考えずにやっているんじゃないかな、という印象がある。そうした無防備なところが、見ている側は気になるというか、次に何をやるのだろうと、見届けずにはいられなくなってしまうのです。

 共感する人の声をみていくと、男性と女性では支持する理由が違うと思います。男性からすると、大きな荷物を背負いながら健気に頑張っている彼女の姿を見て“おれが守ってあげなければ”という気持ちが働く。一方、離婚して女手ひとつで子供を育てている姿に、夫に愛想を尽かしている女性や子育てに苦労している女性が共感している部分もあるでしょう。ビッグダディと離婚したときに、「別れてどうやってやっていくの?」と誰もが思ったと思うのですが、それでも自分の道を貫く姿勢を支持する女性もいると思います。

 もうひとつ、ヤンキーへの理解もあると思います。美奈子さん自身、高校時代、不良グループに入って学校を中退したことを、著書で語っていますが、ヤンキーを受け入れる素地というのは日本人にもともとあって、彼女のことを共感するわけじゃなくても身近に感じている人も多いと思います。

 自分がヤンキーじゃなくても、若くして結婚した元ヤンキーの知人とか、成人式に子連れで来ていた元ヤンキーの同級生に会ったことがある人って意外に多いと思うんです。同級生こんなヤンキーがいた、こんな女番長がいた、という記憶がひとつはありますよね。『スケバン刑事』『ビー・バップ・ハイスクール』などのドラマや、『あまちゃん』の春子も元女番でしたし、われわれは日々の暮らしや情報のなかでヤンキー文化を共有しています。

 だから、不良グループに入っていたという彼女の過去は違和感がなく、むしろ昔はワルだったけれど今はお母さんとして頑張っている美奈子さんの姿は、誰もが持っている元ヤンの友の記憶を呼び起こすというか、どこか懐かしさを感じながら見ている人もいるのでは? だから、“あのコは子供いるのに生活していけるのか”とか“離婚してどうするんだろう”と、同級生のことを語るように噂の対象になりやすいのではないでしょうか。

関連記事

トピックス