• TOP
  • 国内
  • 脱原発 最も良い方法は総理を代えることと細川護煕元首相

国内

2014.03.22 07:01  女性セブン

脱原発 最も良い方法は総理を代えることと細川護煕元首相

 安倍晋三首相は、「震災の教訓を受け継ぐために」という理由で、3月11日を記念日とすることを検討すると語っている。その教訓のなかに、原発事故の教訓は入っていないのだろうか。再稼働へと遮二無二進む政府にNOを突きつける細川護熙元首相(76才)が、再稼働反対の理由を語った。

 * * *
 ひと言でいえば、原発は認めてはいけないエネルギーです。何世代にもわたって、土地を汚し、食物を汚し、身体と精神の異常をもたらすことがわかっているわけですから。

 先日も、オーストラリアとフランスのテレビ局から取材を受けたのですが、「あれだけの事故があったのに、どうして日本人は原発を再稼働しようとしたり、依然として原発を重要な電源としようとするのか、全く理解できない」と言われました。

 日本人は、もっと危機的な意識を持たないといけないはずなんですが、政治家も霞が関も経済団体も、たった3年前のことを忘れかけてしまっている。本当におかしい状況にあると感じます。

 政府は、事故の賠償や除染、汚染水の対策、放射性廃棄物の処理に至るまで、そのコストも、すべて国民に押しつけようとしています。その一方で、地震への備えは不充分ですし、避難対策もお粗末。テロ対策もできていません。

 脱原発を進めるために、いちばんよいのは、総理が代わること。総理がその気になれば、できるんです。原発がすべて止まっている今こそ、脱原発を決断しないといけない。私は今後も脱原発に向けた活動を続けていくつもりです。

※女性セブン2014年4月3日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス