国際情報

露クリミア侵攻に手口学び中国船がベトナム巡視船に体当たり

 中国の船がベトナムの巡視船に体当たりした。これは、けっして暴走ではない。アジアの海洋支配を目指す中国のしたたかな戦略なのだ。

 事の本質は南シナ海だけを眺めていては理解できない。中国はロシアのクリミア侵攻から手口と教訓を学んでいる。それと米国である。

 ロシアの侵攻について、私は当初から「やがて中国に伝染する」と指摘してきた。ロシアが断行した「力による現状変更」は、実は中国のほうが先輩だ。中国は1995年に南シナ海でミスチーフ環礁の実効支配に乗り出している。

 ロシアが半島を丸ごと奪取できるなら、中国は「オレたちだって」と思ったに違いない。中国はロシアに学んだ点が少なくとも3つある。

 第1は「自分たちに甘い国」を狙った。ベトナムと中国はともに共産党の一党独裁である。政治レベルでの交流も深く、昨年はトンキン湾で石油・天然ガスの共同探査にも合意していた。ベトナムにしてみれば「それなのに、なぜ」と思っただろう。

 だが、だからこそベトナムなのだ。「中国に近い」ということは「米国に遠い」。中国と領海をめぐって対峙している国はフィリピンもマレーシアもブルネイもある。

 なかでもフィリピンはオバマ大統領のアジア歴訪で新たに米比軍事協定を結んだばかりだ。もしも中国がフィリピンに手を伸ばせば、米国が黙っていない。オバマはマレーシアも訪れている。ここはロシアにとってのクリミアのように、あえて自分に近い国を狙って米国の出方を見る作戦ではないか。

 第2に、中国は体当たりの事実を否定している。これはクリミアに侵攻した黒覆面集団がロシアの武装勢力だったにもかかわらず、ロシアが「現地の自警団だ」とシラを切ったのとまったく同じだ。どんなに明々白々のだろうと、時間稼ぎになる。

 中国も水掛け論のごたごたに持ち込んでしまえば、その間に既成事実化が図れると踏んでいるはずだ。米国も欧州もウクライナ情勢で手一杯で「強腰で介入してこられない」という計算もある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト