芸能

美輪明宏が「ホンモノよ!」とべた褒めの『花子とアン』俳優

 高視聴率が続くNHK朝ドラ『花子とアン』。そのナレーションを務めるのが美輪明宏だが、ドラマでは、美輪のお気に入りの役者がキャスティングされている。

 それは蓮子が夫・伝助との満たされない結婚生活に嫌気が差し、文化サロンを開くようになった際に、彼女に近づく新聞記者・黒沢一史役を演じる木村彰吾(34才)だ。

「蓮子さんが伝助さんのことで苦悩しているシーンには、必ずといっていいほど、登場する人物なんですけど、あまり見たことがない役者さんで…。すごく気になっていました」

『花子とアン』を毎朝、欠かさず見ているというファンがこう語るほど、目が離せない存在なのだ。

 実は、木村は、これまで本誌が美輪との親密ぶりを報じてきたお相手だ。

 2001年の舞台『毛皮のマリー』での共演をきっかけに出会ったふたり。その2年後には、仲間由紀恵(34才)が演じる蓮子にホレる年下男・宮本を演じる中島歩(25才)と同様、舞台『黒蜥蜴』(くろとかげ)で自分の愛人役に選ぶ。これは高嶋政宏(48才)と並ぶ準主役級で、デビュー間もない彼の抜擢は異例のことだった。

 以来、木村は『椿姫』や『双頭の鷲』など数々の作品で、美輪の恋人役を演じてきた。

 身長180cmの正統派二枚目の木村を美輪は「裕ちゃん(石原裕次郎)より脚が5センチ長いのね」と語り、CMで共演した際には「この子、ホンモノよ!」とべた褒め。

 さらに2007年2月、美輪が江原啓之とともに司会を務めていた『オーラの泉』(テレビ朝日系)に木村がゲストとして出演した際には、江原は「美輪と木村は前世で夫婦だった」と明かしたことも。

 このころ、本誌は木村が、かつて美輪が乗っていたワインレッドのジャガーを乗り回している姿をキャッチしている。

「新車で購入すると1000万円以上する車ですからね。当時、まだ駆け出しの木村さんが自ら購入するのは難しい。車を譲り受けるほど、彼は美輪さんのお気に入りなんです」(美輪の知人)

 美輪のサポートは私生活だけでなく、仕事にまで及ぶ。

「2005年11月、北野武監督(67才)作品『TAKESHIS’』で、ふたりは共演していますが、これは美輪さんが北野監督に推薦状を書いて実現したそうです。今回の朝ドラでの“共演”も美輪さんが木村さんの出演を後押ししたといわれています。出番が多いのも、スタッフが美輪さんに気を使っているからなんて声も聞こえてくるほど」(NHK関係者)

※女性セブン2014年7月10日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン