• TOP
  • ライフ
  • 水島臨海鉄道の女性運転士 地元の友達や親戚の応援が励みに

ライフ

2014.07.13 16:00  週刊ポスト

水島臨海鉄道の女性運転士 地元の友達や親戚の応援が励みに

水島臨海鉄道(岡山県)の運転士・中原萌緑さん

 夏休みともなれば、今年も子供や孫をどこか旅行に連れていかなくてはならないと、頭を悩ますあなたに朗報。男ばかりの職場だと思われてきた鉄道現場に、いま続々と美女が増えているのだという。

 そんなレールウーマンたちを密着取材した『それゆけ!女性鉄道員』(イカロス出版)などの本も出版されている。ここで紹介するのは、水島臨海鉄道(岡山県)の運転士・中原萌緑(なかはら・もえみ)さんだ。

 ニュースで見た路面電車の女性運転士に憧れて、この道を志したという中原さん。「友達とか親戚が乗ってきて『頑張っとるね』なんていってくれる。運転士ってとても楽しい仕事ですね」。

※週刊ポスト2014年7月18日号

関連記事

トピックス