• TOP
  • 芸能
  • 『花子とアン』宮本龍一役の中島歩 嘉納伝助人気は正直悔しい

芸能

2014.09.01 07:00  女性セブン

『花子とアン』宮本龍一役の中島歩 嘉納伝助人気は正直悔しい

 NHK朝ドラ『花子とアン』で、炭鉱王の嘉納伝助(吉田鋼太郎)から蓮子(仲間由紀恵)を略奪した宮本龍一役を演じる中島歩(25才)。「どうして龍一と駆け落ちを!」という女性視聴者の思わぬ伝助人気に何を思う。

 * * *
 ぼくは今、まさに蓮子と駆け落ちをして世間から猛批判を浴びた当時の龍一の気持ち(苦笑)。正直、悔しさも感じますが、それも含めて作品の力を感じています。

 裸一貫で炭鉱王に登りつめた伝助は、男から見ても憧れる存在。演じる吉田さんもまたそうで、ぼくとは年季が違います。ですから、まだ何者でもない龍一を、役者として葛藤する自分と重ね、強い思いで吉田さんにぶつかりました。

 姦通罪もあった当時、白蓮と駆け落ちした覚悟は想像を絶するものがあります。ぼくは駆け落ちの経験もありませんから(笑い)、もし仲間由紀恵さんと駆け落ちしたらどうなるんだろう、仕事はもうできなくなるな…などと想像を膨らませながら撮影に臨みました。

 駆け落ちのシーンの撮影が終わると、仲間さんが「やりきった感があるね!」と。美輪明宏さんの歌がかかるなか、とても印象的なシーンになったと思っています。

 撮影は、大変ですが楽しい日々。ぼくが大学時代、落語研究会に所属していたのを知った吉高(由里子)さんから、「やってよ」と言われることもありますが、「いやだ」と逃げています。高座名は、恥ずかしいので言いたくないのですが、“大家主土(ダイヤモンド)”。先輩が付けたんです(苦笑)。

※女性セブン2014年9月11日号

関連記事

トピックス