芸能

反江角派 江角が受験関連で妄言吹聴しパパ友を誘惑疑惑解説

 泥沼と化している江角マキコ(47才)の「ママ友いじめ騒動」。『週刊文春』(9月4日号)では、2012年に江角の当時のマネジャーが長嶋一茂邸に「バカ息子」などを落書きをしたと報じた。長嶋と江角の子供は、名門私立小学校の同級生で、長嶋の妻こそが“反江角派”の中心人物だという。

 江角のマネジャーが落書きをした背景には反江角派による、江角に対するいじめともいうべき厳しい仕打ちがあったとの声がある。また、江角の息子が、上の娘が通う小学校の系列校を受験する際、「江角が学校にとっていかにマイナスな存在か」を延々と書いた上申書が小学校に提出されたとの話が出回ったのだ。結果、江角の息子は受験に失敗し、江角は反江角派の工作だと思い込んでいたという。

 マネジャーの落書きには、そんな背景があったというわけだが、怒りをあらわに反論する保護者もいる。

「確かに、学校側も、江角さんがトラブルメーカーだったことは知っていました。でも、入学反対の上申書が提出されたなんて話は、聞いたことがありません。江角さんが、自分を被害者にするためにでっち上げて、周囲に言いふらしているだけじゃないでしょうか。

 江角さんは、“姉が入っているのに、下の子が落ちるのはおかしい”っていう思い込みがあったみたいなんです。そこから、“誰かが受験を妨害したに違いない”っていう被害妄想が出てきて、あらぬ妄言を吹聴していただけだと思うんです。

 実際、受験の合否はちゃんと試験内容だけで判断されますし、上の子が在籍していても下の子が落ちるなんてことはザラです」(ある保護者)

 また、江角を追い詰めたとされる反江角派のいじめについても、別の保護者はこう語る。

「あの人たちは、そんなことをする人たちではありません。周囲にたくさんの仲良しママがいるのは、ボランティア活動など学校行事があれば率先して取り組んでくれるし、他人の子供のお世話だって快く引き受けてくれる、本当に面倒見がいい人たちだからです」

 そもそも、江角にママたちが寄りつかなくなったのは、あくまでも彼女の性格が原因だという声も根強く、ママ友の中には、自分ではなく、自分の“夫”に対する、彼女の言動が、我慢ならなかったという人までいた。

「やっぱり江角さんは有名女優ですから、パパたちの中には、彼女と話したいと思う人もいるわけです。そういうところを彼女は敏感に察知して、たとえば運動会ともなれば、“息子さん、足がお速いんですね!”なんて、パパたちに彼女のほうから、声をかけたりして。

 ある時、保護者の飲み会があった時なんて、お酒が入っちゃうわけですから。愚かなことに、うちの夫も含めて、男性陣はそんな彼女にデレデレしてるんです。江角さんはサバサバした感じでノリもよかったですからすごく打ちとけていたのはいいんですが、ちょっとやりすぎなんじゃない!? って、そんなところに嫌な思いをするママたちはいましたね」

 こうした“パパ友誘惑疑惑”が、ママ友たちの江角離れを加速させた要因だったという声もあるのだ。

※女性セブン2014年10月2日号

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン