• TOP
  • 国際情報
  • 日本は今後ロシアとどう付き合うべきか 長谷川幸洋氏の提言

国際情報

2014.09.19 07:00  週刊ポスト

日本は今後ロシアとどう付き合うべきか 長谷川幸洋氏の提言

 今秋に予定されていたロシアのプーチン大統領の訪日が延期された。だが、これで日本とロシアの関係が逆戻りして冷え込んでしまったとみるのは早計だ。
 
 一歩後退には違いないが、日本もロシアもぎりぎりの瀬戸際で関係維持を模索している。むしろ、きな臭さが立ち込める世界で、日本が新しい構想力を示す象徴的な機会になる可能性もある。
 
 日ロ関係が動き始めたのは、9月10日に森喜朗元首相が訪ロしてプーチン大統領と面会してからだ。森はプーチンに安倍晋三首相の親書を手渡し、対話の継続を求めた。プーチンはその場で親書を読み、対話継続に同意したという。すると翌11日、アファナシエフ駐日ロシア大使がロシアの政府系新聞に訪日延期をあきらかにした。
 
 プーチンが森の面会を受け入れたという事実が重要だ。「日本に厳しく対応するばかりではない」というロシア側のサインになっている。
 
 日本のマスコミには、ロシアが北方領土で実施した大規模な軍事演習やウクライナ情勢に関して日本が発動した対ロ追加制裁への報復制裁をとらえて、日ロ関係の悪化を強調する見方が多い。
 
 だが、それだけだと一面的だ。マスコミは政権の危機や苦境をあおり立てるのが大好きである。だから、ウクライナ問題が起きるまで接近を続けていた日ロ関係が一転、冷え込みそうだとなれば、過剰に反応して報じてしまう。
 
 事態を冷静に眺めれば、プーチンは対話の回路もキープしておく意思を示している。さて、そこで本題である。日本は今後、ロシアとどう付き合っていくべきか。

関連記事

トピックス