ビジネス

日本の多機能トイレ 技術世界一でも苦戦の理由を評論家解説

トイレを考える企画展が大人気(日本科学未来館にて)

 日本が世界に誇る最先端商品として真っ先に名前が挙がるトイレ。いまや、TOTOの「ウォシュレット」に代表される温水洗浄便座でなければ用を足せないという人も多いだろう。

 そんなトイレの目覚ましい進化の過程から、排泄物と地球環境の問題に至るまで幅広く知ることができる企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」(東京・江東区の日本科学未来館にて10月5日まで開催)が盛況を博している。特別協賛には住宅設備機器業界大手のLIXILが名を連ねた。

 7月2日から始まった同展は、8月15日までになんと10万人が訪れ、9月に入ってからも休日は家族連れなどで行列ができるほど。巨大なトイレのすべり台を“滑降”して下水道の処理方法が学べるなど、年齢を問わず「うんちの気持ちになれる」と好評だ。

 いま改めてトイレが注目されているのはなぜか。全国各地のトイレを取材し、“トイレハンター”の異名も取るマリトモさんが語る。

「トイレは誰もが1日に何度も利用する非常に重要な場所であり、忙しい世の中で唯一ひとりきりになれる究極のプライベート空間です。にもかかわらず、<臭い><汚い>とのイメージが先行しがちで、日頃トイレに関心を持つことはほとんどありません。

 今回の企画展が人気になっているのは、トイレのマイナスイメージを払拭し、他人事ではない身近な問題に改めて向き合おうという前向きな気持ちの表れなのかもしれません」

 では、現在の日本のトイレ市場はどうなっているのか。

 市場調査会社の富士経済によれば、洋式の温水洗浄便座、便器とタンクがひとつになった一体型温水洗浄便器を合わせた国内市場は、年間約425万台、1557億円(2013年見通し)で拡大基調となっている。増税前の駆け込み需要や景気回復も追い風に、新築やリフォーム向けに新しいトイレを装備する家庭が増えているという。

 水洗便器の販売シェアは前出の上位2社の寡占状態が続いている。

「温水洗浄便座も一体型もTOTOとLIXILで市場全体の8割を握っている。TOTOはオフィスビルなど法人に強く、LIXILは家庭向けで浸透しているイメージ」(住宅設備メーカー)

 最新型トイレの技術開発も2社がしのぎを削りながら、いまなお進化を遂げている。

「近年トレンドとなっていたのはタンクレストイレの普及など節水性の向上でしたが、2大メーカーは難なくクリア。いまは少ない洗浄水量でも鉢内の汚れをしっかり落とす清掃機能の向上や、除菌やカビ予防など清潔に保つことができる機能を強化しています。

 しかし、両社とも苦戦しているのは海外への売り込み。日本のトイレは他国では真似できない高性能を誇りながら、地域特性や国民性を踏まえた市場開拓といった点ではまだまだなのです」(住宅専門誌記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン