ライフ

スター・ウォーズと21エモンの類似点 ゴンスケ=C-3POか?

『ドラえもん』『パーマン』『オバケのQ太郎(新)』『エスパー魔美』など、故・藤本弘(藤子・F・不二雄)氏の作品のアニメ化を数多く手がけてきたのが、シンエイ動画だ。同社の元会長・楠部三吉郎氏は、『21エモン』と藤本氏の思い出について、著書『「ドラえもん」への感謝状』(小学館)の中で、こう振り返っている。

 * * *
『21エモン』というマンガは、1968年から1969年にかけて『週刊少年サンデー』(小学館)に連載されていた作品で、未来のトウキョウを舞台にしています。主人公は、閑古鳥の鳴くホテル「つづれ屋」の跡取り息子21エモン。このホテルに、さまざまな星から異星人が宿泊にやってくるというSFギャグマンガです。藤本先生の名作のひとつです。

 私はこの作品をどうしても映画にしたいと思いました。悔しかったのです。ドラえもんのテレビアニメが始まった翌年、スター・ウォーズシリーズの公開2作目『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』(エピソード5)が上映されました。これを観てね、「これは21エモンじゃないか!」と思ったんです。前作の公開1作目『スター・ウォーズ』(エピソード4 新たなる希望)も見直し、確信しました。

『スター・ウォーズ』に登場する金色の人型ロボットC-3POとR2-D2のコンビ。あれなんてまさに、『21エモン』のゴンスケ(ボーイとして働く元イモ掘り用ロボット)とオナベ(おせっかいなメイドロボット)のコンビじゃないですか。

 そして、『スター・ウォーズ』でキーとなる場所は、モス・アイズリーの古びた酒場(チャルマンのカンティーナ)です。宇宙港を兼ねているこの場所には、さまざまな星の人間が集まってきます。主人公ルーク・スカイウォーカーと宇宙船パイロットのハン・ソロが最初に出会った場所としても有名です。これってそのまま、異星人たちが集うホテル「つづれ屋」そのものじゃないですか!

 血相を変えて、先生のところに行きました。

「先生、スター・ウォーズが21エモンを真似してます! こんなこと、私は許せません。先生、スター・ウォーズの本家本元は21エモンなんだってことを、映画で証明しましょうよ」

 先生、やっぱり表情を変えない。ニコニコ笑ってひと言。

「では、楠部くんに任せます」

 私は関係者の間を駆けずり回って、なんとか1981年の夏に封切ることができました。『21エモン』はその後、シンエイ動画によってテレビアニメにもなります(1991年5月~1992年3月/テレビ朝日系)。

 実際、真似したのかどうか、その辺はわかりません。私の思い込みかもしれない。本人に確認したわけじゃありませんから。でも私は、『スター・ウォーズ』よりも前に、日本にはこんな素晴らしいSF作品があるんだということを、皆に訴えたかったのです。藤子・F・不二雄先生はすごいんだぞ、と。ただ、いまになって思い出してみると、熱くなっていたのは、私ひとりなのですが……。

※楠部三吉郎・著/『「ドラえもん」への感謝状』より

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン