ライフ

【書評】ウルトラマラソン界の第一人者が食生活を明かす一冊

【書評】『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』
著/スコット・ジュレク、スティーヴ・フリードマン
訳/小原久典、北村ポーリン NHK出版 2160円

【評者】荻野伸也(フレンチシェフ)

 ブームだったランニングも、今や現代人のライフスタイルの一部となりました。それどころか、物足りなくなったランナーたちは、100km走や24時間走などの「ウルトラマラソン」に挑んだり、いくつもの山々を越える登山レースである「トレイルランニング」(トレイルランやトレランとも呼ばれる)にどっぷりとハマっています。

 私が本書を手に取るきっかけとなったのは、著者がそうした世界で驚異的な結果を残しているランナーでありながら、完全菜食主義者であることに驚いたからです。

 本当に野菜だけでそれほど強靭な体が手に入るのか?

 私自身トライアスロンに熱中し、前年の自分を超えることを毎年の目標として練習に励んでいますが、練習と同じくらい意識してきたのが日々の食事です。体づくりの基本はハードな練習による肉体の強化、加えて、肉を中心とする動物性たんぱく質と野菜類を必要量摂取すること、それによってより強い体ができていくと信じていました。

 しかし、誰よりも速く走るということを突き詰めていくうちに、著者の生活からは動物性の食物が少しずつ排除されていき、最後には完全に菜食となり、その結果、肉食時より明らかに体が軽く、贅肉が落ちて必要な筋肉がつき、疲労や怪我からの回復が早くなり、レースでも良い結果が出るようになっていったそうです。その過程を知り、目からうろこが落ちるとともに、著者が好んで取り入れた豆腐や味噌、海苔といった日本人の食生活や知恵がいかに素晴らしく、理に適うものであるかを再発見しました。

 著者は不遇な幼少時代を過ごしました。母親の病気や離婚、親友との別れといった壮絶な経験を「走る」という単純で孤独な行為をもって咀嚼し、消化し、新たな第一歩へのエネルギーとしました。

 そして、菜食と研ぎ澄まされた日日の鍛錬やレースによって、自分自身を刃物でえぐるように極限まで追い込み続け、最後にそこから見えてくる“痛みを通り越した世界”に救いを求めました。

 日本の武士道や仏教にも通ずるその姿には、日本人として親近感を覚えます。本当の意味で草食男子になろうかと思わせてくれる、素晴らしい一冊でした。

※女性セブン2014年10月23・30日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン