芸能

吉高由里子 確執抱える「産みの母」と「育ての母」と温泉旅行

 2014年の紅白歌合戦で、紅組司会に大抜擢された吉高由里子(26才)。しかし、その一方で苦悩している一件を抱えていた。それは“産みの母”と“育ての母”のささくれた関係だ。都内でコンビニを営む両親の娘として誕生した吉高。

《お母さんがアクティブな人だったので、小さい頃はいろんなところに連れていってもらって》。

 あるインタビューで、幼き日の母親との思い出について、こう語るほど吉高は母が大好きだった。しかし、吉高が中学から高校に上がる10年ほど前に、両親は離婚。母親は家を出て行ったのだという。

「由里子ちゃんはお父さんに引き取られました。でも、お父さんはコンビニのオーナーとしての仕事が忙しかったため、由里子ちゃんの面倒をみていたのが父方のおばあちゃんでした。だから、おばあちゃんが“育ての母”なんです。忙しいときには、出て行ったお母さんに代わっておばあちゃんもコンビニを手伝ったりしていましたから、家に誰もいないときには、自分でご飯を作ったりもしていたみたいです」(一家の知人)

 15、16才といえば多感な時期。母を失ったショックは大きかったが、不満も言わず前向きに生きる吉高を祖母は不憫に思い、次第にその怒りの矛先を“出て行った母”に向ける。

「おばあちゃんは“あの女と由里子は絶対に会わせない!”と、嫌悪感を露わにしていましたね」(前出・一家の知人)

 吉高にとって祖母が大切な存在であることは間違いないが、“出て行った母”もまた彼女にとってかけがえのない存在だった…。少女の胸は愛と憎ではちきれんばかりだったことだろう。

「テレビやスクリーンで大活躍する由里子ちゃんの姿を見て、お母さんは彼女に連絡を取るようになり、たびたび会うようになったんです。おばあちゃんには内緒で母と娘の時間をつくっていたんですよ」(前出・一家の知人)

 だが、あるとき、その密会が祖母にバレてしまう。

「おばあちゃんは激怒して、由里子ちゃんとお母さんに“二度と会うんじゃない!”と…」(前出・一家の知人)

 母と祖母の確執に苦悩する吉高。ふたりとも大好きだからこそ、何とか仲直りさせられないものか。彼女は仕事を続けながら常にそんな願いを抱き続けてきた。そして『花子とアン』の撮影が終わった後のこと。

「実は、由里子ちゃんがお母さんとおばあちゃんを連れて、箱根へ温泉旅行に出かけたんです。正直、最初おばあちゃんは渋っていたんですけど、由里子の頼みだからって…。私たち周りの人間もびっくりしましたよ」(前出・一家の知人)

 祖母、母、吉高の女3人、10年ぶりの夜。互いに言い尽くせぬほどの思いを抱き、面はゆい時が流れたに違いない。

「箱根から帰ってきた後、おばあちゃんは温泉旅行については語りたがらないんです。でも少しずつ、頑なだった心がほぐれてきているのかもしれませんね」(前出・一家の知人)

※女性セブン2015年1月8・15日号

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン