スポーツ

野球カードの裏面 「子供扱いしてない」アピールする文章術

 カルビーの「プロ野球チップス」を買うとついてくるの「野球カード」が発売されておよそ40年。カードの裏面は今でこそ打率や防御率など選手の成績紹介欄となっているが、昔は野球少年にとって憧れのスター選手を知る貴重な情報源だった。

 特に1970年代は自由度が高い。例えば東尾修(太平洋)のカードには〈すでに婚約者も決まっており、シーズン後に式を挙げる〉といった“スクープネタ”もサラッと記されている。

 1980年代に入ると、ニックネームや年収、好きな食べ物や歌手など選手たちの素顔を紹介する記述が主流になる。そして1984年には選手を寸評する“ご意見番”が登場。中でも野球評論家・高田繁氏(現在横浜DeNA GM)の批評はスパイスが効いて(効きすぎて?)いる。

 原辰徳(巨人)には〈外角をつかれると弱い〉と弱点を指摘したうえで、〈守りは守備範囲が狭く、ライン寄りに弱い〉と致命的な欠陥を言い放つ。この他、主に投手陣の評論する星野仙一氏や稲尾和久氏も子供向けカードとは思えぬ歯に衣着せぬ物言いを見せる。

 1990年代にカード製作に携わったライターのしゅりんぷ池田氏はこう語る。

「大人っぽい解説や小難しい言い回しをわざわざやっているのが目立ちます。これは主要購買層の子供たちを“子供扱いしていない”ことをアピールするため。ちびっ子たちは野球を通じて大人の世界に触れたい思いがあり、子供扱いされることを嫌いますからね」

※週刊ポスト2015年3月6日号

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン