スポーツ

白鵬の「横綱としての品格」について 貴乃花親方が語った

 春場所まで続いた横綱・白鵬と協会の「冷戦」。大鵬の幕内優勝32回を超え、春場所では34回目の優勝を達成し「最強横綱」の称号を手にしているが、その強さゆえの驕りなのか、あるいはこれが白鵬なりの「品格」なのか。3月23日発売の週刊ポスト(4月3日号)は、歴代6位の幕内優勝22回を誇る貴乃花親方に、白鵬についてどう考えているかを直撃している。

──最近の白鵬は、髷を結いながら受けることが慣例の囲み取材の時に、記者のほうではなく壁を向いて座っている。

「相撲の場合は、支度部屋に記者さんが自由に入ってきて取材できますが、あそこは更衣室ですからね。他の競技で選手が裸のところに入る文化はないじゃないですか。競技が終わって、気持ちを静めるところでもあるわけで、本来は表に出ない部分ですから」(貴乃花親方。以下「」内同)

──親方も白鵬と同じ気持ちになったことがある?

「そうですね……。頭と頭のぶつかり合いをして、その衝撃はみなさんが想像している以上のものです。その興奮状態が支度部屋でも続いています。それで喋りきれないこともあったと思います」

 白鵬を擁護しているように聞こえるが、自らの体験からくる心底の同情なのかもしれない。

 貴乃花親方もまた孤独な横綱であった。明るいキャラクターの兄・若乃花と対照的に口数が極端に少なく、求道者のような佇まいで黙々と鍛練を重ねた。現役時代は「何を聞いてもほとんど答えない記者泣かせの力士だった」(相撲ジャーナリスト)という一面は今の白鵬と重なる。

 しかし、寡黙とはいっても横綱・貴乃花は記者会見を拒否するようなことはなかったし、ましてや審判を批判したこともない。強さだけでなく、そうした姿勢が「大横綱」と称された所以だった。

 そして現在は協会の大幹部として力士たちに大相撲の品格を守らせる立場だ。それは相手が史上最強の横綱であっても同じだろう。

 なお同誌はさらに、白鵬の品格について貴乃花親方に訊き、とマスコミの冷戦や千代鳳と琴勇輝の「雄叫び」に対して「やめろよ!」と注意したことについても見解を問うている。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン