芸能

戸田恵梨香 元彼・綾野剛に関するとんでもないぶっちゃけ話

元彼・綾野剛の赤裸々トークを披露した戸田恵梨香

 4月上旬のとある夜、女性セブンは都内の豚しゃぶ店で戸田恵梨香(26才)と遭遇した。その夜彼女は、久々に再会した地元の友人2人と夕飯を楽しんでいたのだけれど、とんでもないぶっちゃけ話を聞いちゃったのだ…。

 酒の肴はもちろん恋バナ。松山ケンイチ(30才)、関ジャニ∞の村上信五(33才)ら錚々たる元カレたちの名前を挙げての品評会と化したが、彼女が鼻息荒く思いを馳せていたのが綾野剛(33才)だった。

戸田:「なんか、私とつきあい始めたころはまだ無名やってんね。つきあって1年ぐらいしたら彼がドラマとか出るようになって、わかりやすくいったら天狗になってって…ほんまに人が変わっちゃった」

 戸田と綾野が交際を始めたのは2010年夏頃。今でこそ、ドラマで主演を務め、今年は『新宿スワン』『ピース オブ ケイク』など話題映画の公開が続く綾野だが、当時は、ドラマの脇役の1人にすぎなかった。そんな彼に、トップ女優の戸田のほうが惚れ込んで猛アプローチ。同年末には、戸田は父親に綾野を紹介するほどの仲になっていた。しかし戸田の告白はこう続いた。

戸田:「言葉の暴力が半端なかった。一緒に住んでたからさ、家のことも、“ゴミはゴミ箱に捨てて”って言っても、前はやってくれてたのに、“だいたいお前何様なの?”って。それで我慢するようになって…」

 これって、三船美佳(32才)や米倉涼子(39才)が離婚を決意した大きな理由となったいわゆるモラハラ。戸田は、例えば綾野が飲みに出かけたまま帰ってこない日も、ひたすら待ち続けるしかなかったようだ。

戸田:「心配するやん、連絡してこんようになったから。で、夕方4時になってもまだ帰ってこおへんくて、ちょっと待ってって感じになって。で、剛が一緒に飲むって言ってた人にも連絡したりして結構焦ったんやけど、帰ってきたら、“家の階段で寝てた”とか言うねん。それも嘘なんちゃうかなって」

 イケメン俳優として大ブレークを迎えた綾野はモテモテで、女性との噂が耳に入ることも少なくなかったようだ。そして戸田の体に異変が…。

戸田:「ストレス半端なくて円形脱毛になっちゃって。薬をのんでたら顔がパンパンになって、それでも仕事せなあかんやん? やばかったわ(苦笑)」

 それでもその後1年ほど、別れることができないまま時間が過ぎたという。

戸田:「なかなか別れられへんくって…。別れるきっかけはいっぱいあってんけど…なんでこんな好きなんやろって、自分が悔しかった」

 戸田はこのぶっちゃけトークのなかで、元カレとの復縁は「絶対ないな」と断言していた。

※女性セブン2015年4月30日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン