国内

LGBT恋活パーティー 参加者が打ち明けた「それぞれの事情」

フリータイムで会話も弾む参加者たち

 いま日本では、13人に1人はLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)をはじめとする性的マイノリティである(電通調べ)。今年3月には、同性カップルに対して「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」を発行する条例が、東京都渋谷区で成立した。

 LGBTの認知度は高まる一方で、少数者の苦労や悩みは尽きないようだ。その一つが“出会い”。今回、LGBTの恋活パーティーを取材し、彼らの本音を聞いた。

 * * *
 東京・池袋。ここでLGBTのための恋活パーティーが開かれている。レズビアンのためのパーティーもあるが、我々が訪れた日はゲイのパーティー。このパーティーは昨年から始まり、今や東京のみならず全国各地で開催されている。どんなパーティーなのか? 趣旨や流れを、主催者である「LGBTパートナーズ」の代表・樽井良和氏に伺った。元国会議員である樽井氏。その経験が「LGBTパートナーズ」の立ち上げを後押ししたという。

「『LGBTパートナーズ』は私が経営する会社の一つのチームです。今までオタクに出会いの場を提供する“オタク婚活”の『アイムシングル』や、65歳以上の女性のみを雇用する『おばあちゃんの定食屋』を立ち上げるなど、必要とされているのに社会にはまだないソリューションサービスを積極的に手掛けてきました。そして昨年から始めたのがLGBTの方のためのパーティーなんです。

 以前、私は政治家をしていて、日本の問題点をたくさん見てきました。日本にはまだまだ、少数者への配慮や理解が制度的にも感情的にも十分でないところがあります。テレビなどでは、“オネエ系”といわれるタレントさんが大活躍されていますが、ああいう方はLGBTのごく一部であって、とりわけ硬い仕事をしている方などはカミングアウトできないと悩んでいらっしゃる。そこで、LGBTの方同士のまじめな出会いの場を作ろうと考えました。

 LGBTの方に限らず、人生において恋愛はとても大事なものですし、あらゆるモチベーションやエネルギーの基となっています。恋愛が多い方が人生も社会も活性化されると、私は思っているんですね」

 樽井氏が言う“まじめな出会いの場”――このパーティーは、ネットではなく実際に顔を突き合わせて出会う場であり、アルコール抜きに落ち着いて語り合う場だ。参加者にはHIV検査を推奨するなどの意識付けも行っている。

 パーティーの流れをざっと説明しよう。男女の一般的な恋活パーティーと似ていて、最初にプロフィールカードを記入する。次に、そのプロフィールを持って、3~5分で自己紹介を行う。その後はフリータイムがあり、カップルになりたい相手がいた場合は投票カードに記入してスタッフに渡す。最後にカップルの発表がある。全体で約2時間。パーティーの間はジュースや軽食が自由に飲食できる。

 初めに記入するプロフィールカードには、年齢や職業、血液型、趣味や好きなタイプなどの基本情報のほか、ゲイならではの記入事項があるという。

「『タチ』(攻め)か『ネコ』(受け)かの記入欄ですね。パーティーを始めるにあたって、この項目は絶対に入れてほしいという声が多くありました。見た目では判断が難しいのだそうです。ただし、「タチ」といっても、程度が様々なようで、積極的なタチもいれば、相手によってはネコにもなるタチ、もいらっしゃる。ですから『1~10』の度合いで示していただくようにしています。

 もう一つ、参加者の方が重要だと仰るのは、一人暮らしかどうかの項目ですね。同性同士だとホテルに入りにくいとか、家族にカミングアウトしてないから家では会えないといった事情が、やはりあるようです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン