芸能

ペ・ヨンジュンの結婚相手にファンから「最悪」評が出る背景

 女優のパク・スジン(29才)と交際3か月での電撃結婚を果たしたペ・ヨンジュン(42才)。2013年から交際していたLG財閥令嬢との破局からわずか5か月後という、目まぐるしい展開にヨン様ファンも、困惑する声ばかり。

「…最悪の結婚だと思います。元カノの財閥令嬢の方がまだよかった」(45才主婦)
「ファン仲間は葬式状態です。LINEのやり取りがピタリと止まったくらい」(54才主婦)
「これで“ヨン活”にキッパリと終止符が打てます。この結婚に反対という最高の意思表示でしょ」(51才主婦)

 そこにはファンがこの電撃婚を素直に喜べない大きな理由があったのだ。2002年にアイドルグループ『Sugar』のメンバーとしてデビューしたスジンは、グループ解散後の2005年に女優に転向。『善徳女王』や『花より男子』など多数の大ヒットドラマに出演し、2014年夏からは食レポ番組でのレポーターとしても活躍するなど、飾らないキャラがお茶の間で人気だ。

「モデル業も順調で、韓国の若者にとってのファッションリーダー的存在でもあります」(韓国芸能関係者)

 八面六臂の活躍だが、スジンは恋多き女でも知られる。

「東方神起のユンホとは同い年ということもあって親しく、何度も熱愛疑惑が持ち上がりました。スジンのツイッターにはしょっちゅうユンホが登場するし、2012年8月には、ユンホとの舞台観劇デートを報じられています。当時、スジンはサッカー選手のペク・ジフンと交際中だったので、二股疑惑まで持ち上がりました」(韓国のスポーツ紙記者)

 この時、スジンは「ユンホとは10年来の親友。熱愛報道されても何も感じない」とコメントし、二股説を一蹴した。

 ジフンとは2012年末に破局したが、2013年2月には、歌手のロイ・キムとの熱愛が発覚。

「小顔で美脚で、しかも胸が大きい申し分ないスタイルに、クールでサバサバした性格ですから、恋人が途切れたことがないんです。そんな恋多き彼女を短期間で他の男性たちから奪い、しかも結婚にまで持ち込むんですからヨン様は相当な熱の入れようだったようですね」(別の韓国のスポーツ紙記者)

 しかし、ファンをやきもきさせているのは、ヨン様への嫉妬というわけでもスジンの男性遍歴が華麗だから、というわけでもない。彼女とキム・ヒョンジュン(28才)の関係が引っかかるのだという。 ヒョンジュンといえば、ヨン様と同じ事務所で、彼が公私にわたってかわいがってきた“弟”のような存在。ふたりはプライベートで幾度となく済州島へ旅行に行ったりと、深い友情で結ばれていた。

「実はスジンはもともと、ヒョンジュンの恋人だといわれていました。2009年12月、ヒョンジュンがバラエティー番組で、“ある女性タレントと5か月つきあった。彼女はさっぱりしていてクールな性格だった”と発言したんですが、この時、関係者の間で真っ先に挙がった名前が、スジンでした。彼のいう性格に加え、ふたりはこの年の春に『花より男子』で共演していて、接点が多かったんです」(前出・韓国のスポーツ紙記者)

 ネット上でもふたりの目撃談が話題になり、ファンの間ではなかば“公認の仲”とされていた。実際、日本のヒョンジュンファンにとっても周知のことで、今回、ヨン様とスジンの結婚が発表されるや、ツイッターにはこんな書き込みが溢れた。

《スジンって、リダ(ヒョンジュンのあだ名)の元カノじゃん!》
《元カレの兄貴分と結婚ってどうなのよ…》

 しかも、結婚発表はヒョンジュンの兵役入隊の翌日。

「元カレがいなくなったタイミングでの発表に何かしらの思惑を感じてしまいます。ヨン様も、弟分の元カノだと知っていて、しかもこの時期に発表したんだとしたらガッカリです…」(ヨン様ファン)

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン