国際情報

習近平主席 5重の警護態勢敷き関係者200人以上入れ替えも

 中国の習近平国家主席の警備について、5重の警護態勢を敷いていることが分かった。米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」が報じた。

 それによると、第1が直接、習氏の身の回りをボディガードが警護する態勢だが、習氏の乗る専用車を2重、3重にして、長身でたくましい10人以上のボディガードが取り囲むという、アクション映画さながらのシーンが見られているという。
 
 第2の警護態勢は習氏が視察する際、市民のなかに紛れ込んで、怪しい人物をチェックするもの。これは場合によっては、実際の市民よりも人数が多いこともしばしばあり得るという。

 今年2月の陝西省視察の際、習氏が宿泊予定のホテルに爆弾が仕掛けられていたことが分かり、同省の警察が総動員され、聴衆のほとんどが警備関係者か、省政府関係者だったこともあったという。

 第3は習氏が視察する場所近くの高い建物の上や、主要道路脇など周囲を定点で観察できる場所でじっと動かず、習氏の回りに目を光らせること。高い地点にいれば、習氏の命を狙う狙撃犯も見つけやすく、道路脇ならば、車の動きも分かり、怪しい車を発見しやすいというわけだ。

 第4は事前に習氏が空港や鉄道の駅から視察する場所までの地図をチェックし、最も安全な移動経路を考えるもの。最も安全なのはどの場所からでも見通しが利く経路だという。

 第5は習氏が暴漢に襲われるという万一の場合を想定して、随行団に医師や看護師を入れて、習氏の同じ血液型の血液を用意するほか、視察地周辺の病院をチェックし、すぐに緊急手術ができるよう、医師団を待機させる態勢を敷くこと。

 これら5重の警護態勢は習氏が視察する際、毎回とられており、警護に関わる人員は1000人以上になるという。

 多維新聞網によると、習氏が最高指導者に就任してほぼ2年半の間に20回近くも命を狙われる可能性を指摘されるケースがあったとされる。また、最近、習氏を警備するボディガードが属する党中央警衛局では最高責任者をはじめ200人以上の関係者が総入れ替えされるという事態が起こっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン