芸能

川島なお美 がんを患い「弱さをさらけ出せるようになった」

川島なお美 大病経ての気づきを語る

 当たると話題の喫茶店のスピリチュアルマスター“ムロケン”こと室井健助さんが、女優・川島なお美(54才)を霊視する。昨年に肝内胆管がんを患い、手術を受けた川島だが、夫のパティシエ・鎧塚俊彦氏もまた網膜中心静脈閉塞症により左目が見えない状態だ。

室井:ご主人も免疫力が低かったんですね。できるだけお水を飲むように伝えてください。

川島:そう! 主人は全っ然水を飲まないんですよ。お酒はしこたま飲むのに。

室井:お酒を飲んだら水も同量飲んだほうがいい。お酒は利尿作用があって脱水になりやすいから。

川島:ですよね…。自分で気づかないと意味がないから、あまりガミガミ言いたくないんです。ただ、血糖値を下げるお薬をのみ忘れることがあるので、それだけは私が管理。朝は彼がいちばん好きなゆで具合のゆで卵を作ると、喜んで薬をのんでくれます(笑い)。

室井:川島さんの内助の功がすばらしい。ご主人はもともと仕事で成功する人ですが、川島さんがいると鬼に金棒、いい相性です。病気も天からの導き。お互い病気に勝てたことで、本物の夫婦になれたんですから。

川島:そうですね。結婚して割とすぐに主人が病気になってしまって。「彼のために強くいなくちゃ」って無理をしていたんですけど、私も病気になってそれができなくなって…。私が弱さをさらけ出せるようになったら、主人がすごく優しくなりました。婚約時代は毎日「愛してる」と言ってくれましたけど、今は毎日「ありがとう」って言ってくれるようになりました。

室井:川島さんも丸くなられましたよね。

川島:たしかに、舞台の再演で3年前と同じ役をすることになった時、プロデューサーに「すごく演技が深くなった」って言われました。これも大病したおかげなのかも(笑い)。

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン