• TOP
  • 国内
  • エイベックス松浦社長 スマホ時代こそ定額制音楽配信が最適

国内

2015.06.04 16:00  NEWSポストセブン

エイベックス松浦社長 スマホ時代こそ定額制音楽配信が最適

エイベックスの松浦勝人氏

 5月27日、Android/iOS向けアプリ「AWA」がリリースされた。AWAといっても、かつて存在したアメリカのプロレス団体のことではない。エイベックス・デジタルとサイバーエージェントの共同出資による新会社・AWA(アワ)が開発したAndroid/iOS向けサブスプリクション型(定額制)音楽配信サービス(アプリ)のことだ。

 開始段階では23のレーベル・プロダクションが参加して100万曲超が用意され、以後参加企業を増やして2015年末には500万曲、2016年末までに1000万曲の提供を見込む。ユーザーは最初の3ヶ月間は無料で使え、以後Lite Plan(月額360円)かPremium Plan(月額1080円)に移行しなくてはならない。

 海外ではスウェーデン発の「Spotify」が高い支持を得ており、日本への進出も予想される。定額制は世界では音楽の聴き方の潮流の一つとなった。だが、多くの海外諸国とは異なり日本では、音楽の版権をレコード会社だけが所有するのでなく、プロダクションなども保有する。権利者の許可取りが非常に困難なことや、新しいことを突然開始することへの抵抗感もあり、業界一体となった活動がしにくいという事情があったのだ。とはいっても今後日本でもAWAだけでなく、LINE MUSIC、Apple Musicの登場も見込まれサブスクリプション型の競争激化も見込まれている。

 AWAの配信楽曲調達手配の中心人物は、長年業界で活動してきたエイベックス・グループ・ホールディングスの松浦勝人社長*1。同氏が数年前からこのAWAの構想を実現すべく、同業者に丁寧に説明をし、今回のリリースに至った。参加予定企業はユニバーサルミュージックとワーナーミュージック・ジャパン、ソニー・ミュージックエンタテインメントや、JVCケンウッド、ビクターエンタテインメント、ポニーキャニオンなど国内外の大手も含め、23社におよぶ。

*1:事業パートナーであるサイバーエージェントはアプリケーションの開発・運営およびビッグデータの活用、データ分析などの連携等を行う。

◆サブスクリプションはスマホ時代にフィットした音楽視聴形態

 今回のリリースにあたっては、松浦氏の音楽業界全体に対する大きな懸念があった。松浦氏は語る。

「日本の音楽業界の売り上げが右肩下がりになってから10年以上になります*2。海外ではサブスクリプションのサービスはすでに始まっています。今後Spotifyを含め、海外のサービス*3が日本に入ってくるでしょうし、日本企業発のサービスも始まります。当然AppleやGoogleも参入してくるでしょうから、この分野のサービスが多数立ち上がります。

 こうしたサービスの会員数のトータルが数千万単位の規模になったときに、音楽業界は右肩下がりの状況から脱せられます。利益構造も変わり、利益も出るようになります。こうしたことを私は確信していますので、海外から入ってくるサブスクリプションと、我々が展開するサービスで相乗効果を生み出し、会員数を伸ばして市場にも浸透させていきたい。具体的にどうなるかはまだわかりませんが、音楽の聴き方も変わっていくことでしょう。現在のスマホが必須になったライススタイルの中で、サブスクリプションは一番フィットする音楽関連サービスになっていくと思っています」

*2:音楽ソフト+有料配信のピークは1998年の約6000億円。2014年は約3000億円。
*3:iTunes Radio、Google Play、Amazon PRIME MUSIC、Rdio、Xbox Music、Playstation Music、Deezerなどがある。

関連記事

トピックス