• TOP
  • 芸能
  • 伊勢丹詐欺女とうのベビーシッター げに恐ろしきは女の執念

芸能

2015.06.20 07:00  NEWSポストセブン

伊勢丹詐欺女とうのベビーシッター げに恐ろしきは女の執念

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、伊勢丹元女性社員による詐欺事件を読み解く。

 * * *
 全容はまだ明らかになっていないが、連日ワイドショーで報じられているのが、伊勢丹新宿店の元社員による詐欺事件である。

 被害者は同店の顧客ではなく、容疑者の高校時代の同級生を始めとした知人とのことだが、伊勢丹に通い詰める多くの芸能人は一様にドキッとしたのではないだろうか。もちろん、伊勢丹のイメージダウンは否めない。
 
 百貨店の業績不振が続くなか、伊勢丹新宿店だけはずっと好調が続いており、特に高級時計や宝飾品などの売れ行きは「戻って来た」と3年ほど前に聞いた。

 また、アパレルや化粧品メーカーでは「伊勢丹のいい場所に出店できれば本物」というのが通説になっている。

 バイヤーの目利きは「日本一」と言われ、「伊勢丹で〇〇〇個、売れた」といった実績は業界ですぐに広まり、「伊勢丹の顧客に認められた」ことで、一気に知名度をアップするメーカーやブランドもあるほどだ。

 さらに、「三越伊勢丹ホールディングス」となってからは、伊勢丹とはまた異なる“ブランド力”も加わったし、今春、東京ミッドタウンにオープンしたセレクトショップ『イセタンサローネ』も連日セレブな客で賑わっている。

 伊勢丹ファンを公言している代表的な存在は俳優の阿部サダヲ。「ちょっとした空き時間があったら必ず立ち寄る」「一日中いても飽きない」と言っている。

 また、叶姉妹のお二人も、お世話になったテレビ関係者らに贈るお中元やお歳暮はいつも伊勢丹から。テレビ出演と同じロングドレスで担当店員と共にハイブランド、ラグジュアリーブランドのフロアでお買い物する姿は、顧客のあいだでは有名だ。

 芸能人本人ではなく、その“奥さま”が担当社員を複数連れて練り歩くのは、年に2回、ホテルニューオータニで開催される頒布会『丹青会』。超大物芸人の奥さまのお供を4人の同僚としたという社員の一人から、その奥さま主催のお食事会に招かれた…という自慢話を聞いたこともある。

 つまり、顧客は大金持ちやセレブばかり。そうした人たちに囲まれていると、自分もセレブになったような妄想にかられるタイプが少なからずいるのかもしれない。

 話を詐欺事件に戻そう。元伊勢丹新宿店の社員で、夫も同店社員だった森田弘子容疑者は51才。騙し取った金の大半をエステや美容整形にあてていたと言われる。

 ニュースやワイドショーには、恐らく高校時代だと思われる顔写真が出ているが、聖子ちゃんカットが“時代”を思わせるものの、メイクをしたら、きっと“美人デパガ”と言われていたであろうことが想像できる。

 女子大生ブームやブランドブーム、バブル時代をもっともいい年齢で過ごし、近年、ブランド百貨店ナンバーワンの座にいる伊勢丹新宿店に勤務する夫をもっていた森田容疑者。そんな彼女は、まさに“美魔女ブーム“の中心的世代でもある。

関連記事

トピックス