芸能

「グッディ」三田アナ 「めざまし」帰りたい気持ちひしひし

 フジテレビは相変わらず絶不調が続いている。4月からスタートした新番組は軒並み低迷が続く。局内で一番問題になっているのは昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』(月~金・午後1時55分~)だ。超低空飛行の視聴率もさることながら騒がれている理由は別にある。MCの安藤優子(56)と俳優・高橋克実(54)の強力なサポート役として『めざましテレビ』から移籍した “看板娘”であるミタパンこと三田友梨佳アナ(28)に元気がないというのだ。

「視聴率が悪いこともあるのだろうが、ずっと表情が暗い。5月28日には体調不良で番組を欠席したが、責任感が強い彼女にはありえないことです」(フジ社員)

 そんな三田アナが、唯一明るい笑顔を見せるのが局内で古巣のスタッフと遭遇した時だという。

「『グッディ』のフロアは16階ですが、たまに『めざまし』のスタッフが16階に顔を出すと、三田アナの表情が一変するんです。先日なんか、仲良くしていた女性スタッフに抱きつかんばかりに擦り寄って、20~30分も楽しそうに立ち話をしていた。いつもの表情とのギャップに驚かされました。

 もともと『めざまし』は、スタッフの仲の良さで知られていますが、よほど『グッディ』は居心地が悪いのか……。“『めざまし』に帰りたい”という気持ちがひしひしと感じられます」(番組関係者)

※週刊ポスト2015年7月3日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン