芸能

ルー大柴 低迷期は「井の中の蛙オーシャンを知らずだった」

インタビュー中、何度もルー語が飛び出した

「トゥギャザーしようぜ!」「藪からスティック」「寝耳にウォーター」など、日本語の端々に英単語をはさむ「ルー語」でおなじみのタレント・ルー大柴(61才)。なぜルー語が誕生したのか? また、長い下積み時代や、再ブレイクのきっかけとは? ルー語全開で語られた、知られざるエピソードとは?

――ルー語はいつ誕生したのでしょうか?

ルー:亡くなった私の父が、ロシア語と英語と中国語を話せたんです。日本人ですけど。それで日本語と英語のトゥギャザーで私に接していたので、幼いころから身についていました。例えば、「このティー、ドリンクしなさい」「このストロベリー、イートしなさい」とか。非常に外国ナイズされていて、なんだこの父親はと思ったこともあったんだけど(笑い)。

 それともうひとつは、高校2年の時に、アメリカンスクールの帰国子女と交際していて、その人も日本語と英語がトゥギャザーだった。ですから私も喋るようになったし、高校卒業して欧米に放浪の旅に行ったから、帰ってきてから日本語と英語がトゥギャザーになっていたんです。

――実際のルーさんの英語のレベルは、どれくらいですか?

ルー:ペラペラじゃないですよ。頭に入っているごくわずかな、中学2年の2学期くらいまでの単語で回していますよ。それでも、やらないよりやったほうが通じるんです。外国の人と接することがサムタイムス(時々)あるわけだけど、そうやって話すと、相手もわかってくれますね。日常会話くらいは困りませんよ。

――ご家庭でも、ルー語を使っていますか?

ルー:そうですね。息子とオフン(しばしば)飲みに行ったりすると、息子もルー語を喋りますから。でもワイフは話さない。呆れていますよ(笑い)。

――ルー語は、ストックがいっぱいあるんですか? ネタ帳とか。

関連記事

トピックス