• TOP
  • 芸能
  • ルー大柴 低迷期は「井の中の蛙オーシャンを知らずだった」

芸能

2015.07.20 07:00  NEWSポストセブン

ルー大柴 低迷期は「井の中の蛙オーシャンを知らずだった」

「身をパウダーにしている」というルー大柴


ルー:日々スタディーですね。映画を見ていると、字幕があるじゃない。使えるかなとか、あります。ネタ帳はありますよ。たまに見て、フォゲットしないようにしています。

――ルー語は、英語の勉強にも役立ちそうですね。

ルー:TOEIC対策を教えてる先生が、日常会話に英単語を混ぜるルー語は、英単語を覚えるのに有効だと言っていましたよ。みなさんにもルー語をどんどん話してもらいたいですね。外国人は、英語を喋ったらブロークンでも聞いてくれますよね。心が通じあうじゃないですか。そこがベリーインポータントなんです。カーリッジ(勇気)を出さなきゃね。

 これからはグローバル社会。東京オリンピックもあって、外国の人がたくさん来るわけだから。ルー語から始めて、英語がペラペラ? になってもらいたいなと思います(笑い)。

――再ブレイクのきっかけもブログのルー語でしたね。

ルー:ブログを始めて、「藪からスティック」「寝耳にウォーター」とか書いていたら、ファイヤーがついちゃったんです(笑い)。高校生とか大学生が面白がってくれて。そのとき、勝手にルー語と名付けられたんですよね。

――ブレイクしてから再ブレイクまで10年近くありますが、その間にご苦労されたことは?

ルー:40代の頃ですね。いくつもレギュラー番組があったのに、ひとつ減りふたつ減り、ある日、まったくなくなってしまった。その後は舞台をやったりして、なんとか食べていたんですけど、自分自身も、あのルー大柴のくどいキャラクターに疲れていたんですね。だから全く違う方向にいきたいなと思っていたんですけど、過去の成功体験が邪魔をして、なにをしていいのかわからなくなっていたんです。

 50才くらいになって、今のマネジャーになったのがターニングポイントです。「こんなことをやっていたらダメだ」ということで、それから二人スリー脚でやり始めたんですよね。今までのルー大柴は捨てて、ニュー・ルー大柴に変わりましょうよと。

――具体的に、どんなことをされたんですか?

ルー:「ルーさんは英語と日本語をトゥギャザーできる」など、彼は私ができることを書き出したんです。引き出しがなかったから広げて、色々と勉強しましょうと。50才をすぎて再ブレイクなんて奇跡ですよね。ひとつひとつの仕事を、身をパウダーにしながら、ライフ懸命やるということですよ。それで少しずつ築いてきたんです。

 遅咲きで34才でブレイクしたときは、誰でもかかるはしかのようなもので、周りを意識しなかったんです。今考えると、台本をじっくり読まなかったり、準備を怠っていました。それを全部やるようになったんですね。インターネットで色々な社会情勢を調べるようになったりね。

――ニュー・ルー大柴さんは、まさに身をパウダーにしているんですね。

関連記事

トピックス