• TOP
  • 芸能
  • 吉永小百合 嵐のライブでペンライト片手に二宮和也へ声援

芸能

2015.07.20 07:00  女性セブン

吉永小百合 嵐のライブでペンライト片手に二宮和也へ声援

「もしかしたら本当に自分の息子なんじゃないかと思うくらい、寄り添って演じることができました」。7月10日、映画『母と暮せば』のクランクアップ後に行われた会見で、吉永小百合(70才)は息子役の二宮和也(32才)をそう絶賛した。

 山田洋次監督(83才)のもと、吉永や二宮に加え、黒木華(25才)、浅野忠信(41才)、小林稔侍(74才)、橋爪功(73才)など豪華な顔ぶれが集まった同作品。

 戦時中に長崎に落ちた原爆で亡くなったはずの息子・浩二(二宮)が、3年後に幽霊となって母・伸子(吉永)の前にひょっこりと姿を現すところから物語は始まる。息子の姿は母にしか見えず、会話もできないという、お互いに難しい役どころだ。

 撮影に先立って二宮は、吉永に少しでも自分のことを知ってもらいたいという思いから、昨年、嵐のライブに招待したという。

「心の底から楽しんでもらいたいからと、二宮さんはわざわざペンライトまで用意していました。初めての嵐ライブでしたが、吉永さん、ペンライトを片手に二宮さんに声援を送ったそうです。そんな吉永さんの姿を想像すると、“まさか”って感じですけど、かなり楽しい時間だったみたいで、それから吉永さんはたまに嵐の曲を聴いているそうですよ」(音楽関係者)

 一方の吉永も、役作りのために二宮にこんなリクエストをしていた。

「二宮さんの幼少期の写真を借りて、本当の息子のように接するイメージを膨らませていったそうです。“写真を持ってきてくれ”と言われた二宮さんははじめとても驚いたみたいで、“久しぶりに自分の小さい頃の姿を見返したよ”って笑ってましたね」(映画関係者)

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス