• TOP
  • 国内
  • 「日本は自分達が守る」 自衛隊を作った旧日本軍精鋭の熱情

国内

2015.07.23 16:00  SAPIO

「日本は自分達が守る」 自衛隊を作った旧日本軍精鋭の熱情

 戦後70年、自衛隊の発足からも早60年が経ったが、その間、ひた隠しにされてきた歴史的事実がある。それは、旧日本軍の精鋭たちが自衛隊創設に多大な貢献をしたということだ。なぜその史実は伏せられてきたのか。存命の元日本軍エースパイロットたちの証言を集めた『撃墜王は生きている!』(小学館刊)が話題を呼ぶジャーナリストの井上和彦氏が解き明かす。

 * * *
「自衛隊」という名称は、憲法9条との整合性を保つため、「戦力ではなく、専守防衛のための自衛力である」という言い訳のために用意された言葉である。これを補強するために、「自衛隊は旧日本軍とはつながりのない別の組織である」というお題目も唱えられてきた。「太平洋戦争史観」という自虐史観で語られる日本軍と自衛隊は縁もゆかりもないというわけだ。

 しかし、現実はまったく逆である。国土防衛の必要性を痛感した旧軍の元軍人が集結し、その基礎をつくったのが自衛隊だといっても過言ではない。

 拙著『撃墜王は生きている!』では、銃器や防弾板をはずした丸裸の機体でB29に体当たり攻撃を仕掛けて撃墜し、生還した陸軍第244飛行戦隊の小林照彦戦隊長の逸話を収録している。

 小林氏は戦後、民間人となったが、朝鮮戦争さなかの昭和27年3月、日本の国土防衛を在日米軍に依存している状況を憂い、米極東空軍司令官宛てに「日本人空軍部隊創設請願書」なるものを提出した。そこにはこう書かれている。

「我々は現在の非常事態に直面して、我が国の国防を貴軍(米軍)にのみ依存して、安閑たり得ないのであります。(中略)斯くて我々は、自ら進んで、貴空軍と協同して、これが防衛の一翼を担わんものと熱望する次第であります」

 これはまさに、航空自衛隊の創設主旨とも言える。

 旧軍出身者のなかには、小林氏と同じ思いをもつ元軍人が多数いた。実は、小林氏も含め、本書で“撃墜王”として紹介した元戦闘機パイロットの多くが、戦後に航空自衛隊に入隊している。

関連記事

トピックス