ライフ

最新ライフ記事のRSS

5分で効いて90分間継続 1本1万円「ED注射」のスゴい効果

2015.07.24 16:00

 ED治療といえばバイアグラなどの内服薬が一般的だが、誰でも使用できるわけではない。重度の肝機能障害、または心筋梗塞などの虚血性心疾患の処方薬とは併用ができない。そんな人に救いの手を差し伸べるのがICI(陰茎海綿体注射)療法だ。川崎中央クリ

 ED治療といえばバイアグラなどの内服薬が一般的だが、誰でも使用できるわけではない。重度の肝機能障害、または心筋梗塞などの虚血性心疾患の処方薬とは併用ができない。そんな人に救いの手を差し伸べるのがICI(陰茎海綿体注射)療法だ。川崎中央クリニック院長で医学博士の南部正樹氏が解説する。

「EDは海綿体の動脈硬化により引き起こされるので、血管を拡張させる効果を持つED治療薬が役立つ。内服薬の効果は体全体に回ってしまいますが、このICI療法は、血管拡張薬を陰茎に直接注入するため、他の薬との飲み合わせによる副作用が少ないのがメリットです。注射後は5~10分ほどで勃起し、60~90分間持続します。内服薬に比べて認知度は低いですが、高齢者をはじめICI療法を受ける人は増えています」

 バイアグラなどでは効果が薄いと感じた人もICI療法を選択している。その勃起率は約9割に達するという。注射から勃起までの時間が短いので、セックスの直前に自分で注射する必要がある。注射の打ち方は診断時に指導を受ける。バイアグラの効果が年々薄れていると悩んでいたAさん(62歳)は、昨年からICI療法を始めた。

「注射するのはペニスの根元から2~3cm上の側面。最初は恐怖心もありましたが、極細の注射針はチクリとする程度の弱い痛みなので、今では抵抗なく打っています。バイアグラは性的な刺激があって初めて勃起しますが、ICI療法は注射後10分程度で何もしなくてもギンギンになる。ペニスにグッと力を入れれば亀頭を動かすこともできる。感動しました」

 強制的に勃起させるため、感覚が鈍くなるなどの副作用がありそうだが、

「ペニスの感覚は通常と変わりません。むしろ、射精の時はいつもより勢いよく飛び出す感じさえしました。バイアグラだと体の火照りや倦怠感がありましたが、この注射はペニスだけが元気になる。ただ、射精後もしばらく勃ちっ放しになるのが難点です(笑い)」

 注意点もある。日本では自分で注射を打つことは国の認可を得ていないので、患者と医師の自己責任で行なうことになる。また、保険が適用されないため、1本1万円と高額になってしまう。たしかに安いとはいえないが、EDに悩む男性の救世主になるかもしれない。

※週刊ポスト2015年7月31日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP