国内

菅原文太さんと妻 辺野古の砂浜で米国人に威嚇された経験も

 昨年11月に肝不全でこの世を去った、俳優・菅原文太さん(享年81)は、平和の尊さをアピールし、特に沖縄の問題に強い関心を寄せていた。そんな文太さんの幅広い活動を妻として、そしてマネジャーとして公私ともに支えていたのが、妻の文子さん(73才)だ。ともにいたからこそわかる文太さんの平和への願いを引き継ぎ、文子さんは活動を続けている。

 文太さんは東日本大震災と福島第一原発事故を機に俳優業を引退し、反原発や非戦を訴える社会的活動へますます傾倒していった。その平和活動の中で、命果てる瞬間まで力を注いだのが“沖縄”だった。

「もともと、アメリカや日本政府の権限が強く、沖縄には地方自治が認められていないという危機感がありました。辺野古問題がクローズアップされて、どうも危ない方向へ進んでいるように思い始めた。現地では一体何が起きているのか、と5年前に夫婦で辺野古へ向かったんです。

 そこに居るだけで癒されるような美しい海辺の風景に見とれていたら、米軍基地で見張っていたのでしょうか。私服のアメリカ人が近くの建物から出て来て、辺野古の砂浜に佇んでいた私たちを威嚇するように行ったり来たりしていました」(文子さん・以下「」内同)

 その後再び訪れたら真っ白い砂浜を分断して鉄条網が張られていた。

「大変なことになっていると思い知らされました。地元の漁師さんが海上の船を指さして、“あれは自分の船だけれど、もう乗れない”と言うんです。周囲の山も民間の土地だったのに、入ってはいけないと言われるようになってしまったんだ、と悲しそうでした」

 人々の日常が簡単に奪われていた。ふたりは2014年秋の沖縄県知事選挙で辺野古移設阻止を訴えていた翁長雄志さんを応援することを決めた。この頃、文太さんの体は病魔にむしばまれていた。2007年に患ったがんが再発していたのだ。

「応援演説を頼まれて、他の予定をキャンセルして沖縄に駆けつけました。夫はがん再発を知っていたけれど、まったく迷いはなかった。階段で転んで腰を打って、歩くのが大変だったので、カートを用意してもらい、壇上に上がりました」

 少し痩せ、白髪の文太さんは那覇市内の球場で1万人超の聴衆を前に立った。

「政治の役割は2つあります。1つは安全な食べ物で国民を飢えさせないこと。もう1つは戦争をしないこと」

 そしてゆっくりと力強く、こう続けた。

「沖縄はそこに住む人のもの。勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ」

 文子さんが、その当時を振り返る。

「与えられた時間が短かったので、私も手伝ってあらかじめメモを作りました。特に、(前沖縄県知事で、2013年に辺野古の埋め立てを承認した仲井眞弘多候補者に向けて発した)“仲井眞さん、弾はまだ一発残っとるがよ(『仁義なき戦い』の名台詞)”という言葉はアドリブで、この一撃で会場もワッと沸きましたね」

 翁長氏の当選を病院のベッドで知り、文太さんは「本当? よかったなぁ」と喜んだ。そしてそのわずか12日後に亡くなった。

 今年4月、文子さんは辺野古への基地移設に反対する『辺野古基金』の共同代表に就任した。

「夫は立派な人でした。よく働き、正義感があり、そしてよく飲みました(笑い)。共同代表になったのは私個人の意志でもあります。自分のすることは自分が決める、これが民主主義です。農業はもちろん、自分が信じる道を強く進んでいきたい。

 自然災害とは違い、戦争という人為的な大規模災害は人の手で止めることができる。政府任せにせず、私たちひとりひとりがよく考え発言すること、そして自ら堤防を築く姿勢が大切だと感じています」

※女性セブン2015年8月20・27日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン