• TOP
  • ライフ
  • 夏の朝カレーは心身にプラス 痩身、老化防止、疲労度軽減も

ライフ

2015.08.18 07:00  NEWSポストセブン

夏の朝カレーは心身にプラス 痩身、老化防止、疲労度軽減も

夏の朝カレーの利点とは?

 夏になると、なぜだか無性に食べたくなるカレー。代謝を上げて痩せ体質になると「朝カレーダイエット」が以前話題になったが、“夏の朝カレー”にはたくさんのメリットがある。

 インドのほか、中国や日本でも健胃や胆汁の分泌促進などの薬効が古くから伝えられるウコン(ターメリック)をはじめ、ニンニク、ショウガ、カルダモン、唐辛子、コリアンダー、クミン、フェンネル、クローブ、オールスパイスなど、カレーに使われている多数のスパイスには、さまざまな効能が伝えられている。

 なぜ朝カレーを食べるといいのか。「朝カレーダイエット」の仕組みは、カレーに含まれるカルダモン、オールスパイス、クローブといったスパイスが交感神経を優位に切り替えて、唐辛子やショウガ、ウコンなどが血流促進や新陳代謝を促すことで痩せやすくなるというもの。カロリーが高く、ダイエットに不向きと見られていたカレーがダイエット法になる理由を、フードコーディネーターで食と健康アドバイザーの南恵子さんはこう語る。

「あくまでカレー粉に含まれている特定成分の作用ですが、ショウガのショウガオールやジンゲロール、唐辛子のカプサイシンといった辛味成分が血行を促進して、交感神経を刺激して代謝を促します。これにより、エネルギー消費も高まり体を温めると考えられています。脳に働き副腎のアドレナリン分泌を高めることで、脂肪の蓄積抑制作用があるのではとも言われています」

 暑さでぼんやりとした頭と体をしっかりと目覚ませ、活動モードに切り替えてくれる。また、活力の元となるアドレナリンの分泌促進は、うつ病への効果も期待されているという。

 肝臓の働きを助け、二日酔い予防にいいとされるウコンが含まれていることもよく知られるが、カレーはアルツハイマーも予防すると注目されている。過去に米ピッツバーグ大学の研究チームが米国ペンシルバニア州に住む高齢者とインド人のアルツハイマー有病率を比較調査したところ、インド人は米国人の約4分の1しかなかったと発表。後に、金沢大大学院・神経内科の研究チームが、ウコンの主成分のクルクミンは、アルツハイマーを予防する可能性があるとの研究報告を出した。

「インド人にアルツハイマーの有病者が少ないのは、インド人の伝統食に使われているスパイスと関係があるのではないかという点に着目し、金沢大学のチームが研究していました。アルツハイマー病は、脳内でアミロイドβという物質が神経細胞を殺してしまうために起きることが明らかとなっていますが、ウコンに含まれるクルクミンという物質には、その蓄積を抑える働きが考えられるとの結果が動物実験により出ています。クルクミンの抗酸化作用や抗炎症作用が、発症のリスクを下げるのではないかと考えられます」(南さん、以下「」内同)

 カレーのスパイスに含まれる成分には、老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用もある。悪玉コレステロールを減少させるなど、生活習慣病や老化の抑制に働きかける成分も認められているという。

関連記事

トピックス