• TOP
  • 国内
  • 夜の子供部屋を徘徊する恐怖の市松人形 退治したのは飼い猫

国内

2015.08.20 16:00  女性セブン

夜の子供部屋を徘徊する恐怖の市松人形 退治したのは飼い猫

 夜な夜な人形が部屋の中を動き回っている──そんな恐怖体験をしたのはパート勤務の女性Rさん(42才)。その恐怖から救ってくれたのは一体? Rさんが告白する。

 * * *
 今から20年前、私が小学6年生の時のこと。家族で築20年ほどのマンションに引っ越しをしたんです。はじめて1人部屋をもらって喜んだのもつかの間、その夜から、恐怖が始まりました。

 深夜、シュシュ、シュシュという、何かを引きずるような音で私は目を覚ましました。

 怖くなって布団をかぶり、昔、おばあちゃんから「怖いことがあったら唱えなさい」と教えてもらったお経を心の中で唱えました。すると、次第に音が小さくなって、やがで消えていったのです。

 そんなことが10日ほど続いた日のことです。今度はベッドに、ガンッ、と何かが当たった衝撃があり、目が覚めました。怖くなって、いつものようにお経を唱えたのですが、シュシュ、シュシュという音は消えず、むしろ大きく、しかも速くなっていきます。私は、かぶっていた布団の足のほうを少しめくって、その隙間から外側を覗き込んでみました。すると、ピタリと音がやんだのです。

 思い切って、布団から頭だけを出してみました。すると、ベッドの端にボロボロの市松人形の頭が見えたのです。それは今まさに、小さな手をベッドに乗せて、はい上がろうとしているところでした。

 私は布団をかぶって身を縮め、必死にお経を唱えました。シュシュ、シュシュという音が、またし始めました。その音は、人形の衣擦れの音だったのでした。

 それから5分くらい経ったでしょうか、また音がやみました。私は恐る恐る、目の前の布団を少しだけめくってみました。すると目の前に、あの市松人形の顔が。ニヤリと顔をゆがませると、「無駄だよ」と、頭に直接響くような声が聞こえました。

 私はあまりの恐怖に気を失い、気づくともう朝になっていました。このことを両親に話したのですが、「はいはい」と言うばかりで全く取り合ってもらえません。でも祖母だけは別でした。飼っていた猫を連れてきて、「夜は一緒に寝なさい」と貸してくれたのです。

 その夜、夢の中で、「ギャー」っと、猫がけんかをするような激しい鳴き声を聞きました。朝起きてみると、猫は澄ました顔をしていましたが、窓際には、争った跡のようにたくさんの動物の毛が落ちていました。そして不思議なことに、その後、パッタリとあの音がしなくなり、市松人形も出なくなったのです。猫が追い出してくれたのかもしれません。

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス