• TOP
  • 国内
  • 深澤真紀氏「女性にブスと告げるのは男性にハゲと言うこと」

国内

2015.08.21 16:00  女性セブン

深澤真紀氏「女性にブスと告げるのは男性にハゲと言うこと」

 お笑いコンビ・アジアンの隅田美保が「ブス」といじられることが本当に嫌だったと告白したが、他人から「ブス」と言われることと、自分で「ブス」と自虐することでは天と地ほどの差があるのだ。コラムニストで淑徳大学人文学部客員教授の深澤真紀さん(48才)が、「ブス」について語る。

 * * *
 女性がいくつになってもブスかどうか問われるようになったのは、比較的最近のことです。一昔前の女性はお見合いや職場恋愛で結婚して、30代以降は母親かオバサンだった。今は女性ファッション誌の影響などで40代、50代がきれいになった分、「女性ならばいくつになっても容姿を気にすべし」という風潮が強い。

 私の経験から言うと、世間はブスに対し、【1】ブスを認めて自虐するキャラになる、【2】ブスを徹底的に改善する、【3】「人間は中身が大事」と思い込む、という3つのことを求めます。

 それらをすべてこなそうとしてもつらいだけです。私は3つとも拒否しました。

“うん、私はブスだ、以上”、とブスを甘んじて受け入れるけど改善せず、中身が大事と開き直らず、過剰に意識しないことが大切です。

 ブスは、「世間の人は容姿を気にする」と思いがちですが、考えすぎです。人間は他人がブスであることにそれほど興味がない(笑い)。むしろこちらがブスだと気にするから、相手もそう思ってしまうのです。

 しかも、女性に「お前はブスだ」と告げるのは、男性に「お前はハゲだ」「お前は包茎だ」と伝えるようなもの。そんなこと、言うほうが幼稚なので気にしないことです。

 私自身、幼い頃からブスを自覚していました。普通、親は子供に「カワイイね」と繰り返すけど、私は両親や親戚一同から「お前はブスだ」と言われて育ちました。

 学校の「美人・ブスコンテスト」では確実にワースト3に入っていました。でも、クラスの仕事をサクサクこなして周囲から嫌われず、オタク的趣味に没頭する子供だったので、いじめられたり、苦痛に思ったりすることはなかった。

※女性セブン2015年9月3日号

関連記事

トピックス