国内

最新国内記事のRSS

弁護士男性局部切断 指とは比較できぬ激痛と吹き出す大出血

2015.08.23 16:00

 42歳弁護士男性の陰茎を切断したとして、傷害容疑で逮捕された元プロボクサーで慶應大学法科大学院3年の小番一騎(こつがい・いっき)容疑者(24)。2011年にプロのライセンスを取得したが試合には一度も出たことはなく、2013年に弁護士を目指して法科大学院に編入。

 今年に入ってボランティア活動を通じて知り合った女性と結婚し、6月には司法試験の予備試験に合格したばかりだった。開けていたはずの未来を自ら閉ざした原因は、妻と被害者の弁護士との不貞関係を疑ったからだとの見方が強まっている。

 被害者は元プロボクサーのパンチを浴び、意識が朦朧とした状態でペニスを切断されたという。

「陰茎は非常に神経が細やかなところなので、指の切断とは比べものにならない激痛が走ったことでしょう。切断された瞬間、あまりの痛みで朦朧としていた意識もはっきりしたと思います」(元東京都監察医務院院長で法医学者の上野正彦氏)

 足の小指をタンスの角にぶつけただけでも相当痛いのに、指の切断以上とは想像を絶する痛さだろう。「鼻からスイカを出すような痛み」に喩えられる出産の痛みも、ペニス切断の痛みには敵わないのではないか。

 愛知医科大学学際的痛みセンターの池本竜則医師によれば、「陰茎を切断された痛みでショック死することは考えにくい」というが、それでも弁護士に“ショック死”の危険があったのは事実だ。

「陰茎には4本の動脈が通っているので、切断時には勃起状態でなくても大量の出血を伴う。体内の全血液量の3分の1が失われれば、一気に血圧が下がって出血性ショック死に至ることもあり得ます」(よこやま腎泌尿器科クリニック・横山光彦院長)

 ペニスの動脈を切ると、心臓の鼓動に合わせて20~30センチも血液が勢いよく噴き出すというから、被害者の場合も夥しい出血があったことは間違いない。

 ちなみに性転換手術の際にはペニスを根元で縛って血流を止めるため、出血はほとんどないという。

※週刊ポスト2015年9月4日号

 42歳弁護士男性の陰茎を切断したとして、傷害容疑で逮捕された元プロボクサーで慶應大学法科大学院3年の小番一騎(こつがい・いっき)容疑者(24)。2011年にプロのライセンスを取得したが試合には一度も出たことはなく、2013年に弁護士を目指して法科大学院に編入。

 今年に入ってボランティア活動を通じて知り合った女性と結婚し、6月には司法試験の予備試験に合格したばかりだった。開けていたはずの未来を自ら閉ざした原因は、妻と被害者の弁護士との不貞関係を疑ったからだとの見方が強まっている。

 被害者は元プロボクサーのパンチを浴び、意識が朦朧とした状態でペニスを切断されたという。

「陰茎は非常に神経が細やかなところなので、指の切断とは比べものにならない激痛が走ったことでしょう。切断された瞬間、あまりの痛みで朦朧としていた意識もはっきりしたと思います」(元東京都監察医務院院長で法医学者の上野正彦氏)

 足の小指をタンスの角にぶつけただけでも相当痛いのに、指の切断以上とは想像を絶する痛さだろう。「鼻からスイカを出すような痛み」に喩えられる出産の痛みも、ペニス切断の痛みには敵わないのではないか。

 愛知医科大学学際的痛みセンターの池本竜則医師によれば、「陰茎を切断された痛みでショック死することは考えにくい」というが、それでも弁護士に“ショック死”の危険があったのは事実だ。

「陰茎には4本の動脈が通っているので、切断時には勃起状態でなくても大量の出血を伴う。体内の全血液量の3分の1が失われれば、一気に血圧が下がって出血性ショック死に至ることもあり得ます」(よこやま腎泌尿器科クリニック・横山光彦院長)

 ペニスの動脈を切ると、心臓の鼓動に合わせて20~30センチも血液が勢いよく噴き出すというから、被害者の場合も夥しい出血があったことは間違いない。

 ちなみに性転換手術の際にはペニスを根元で縛って血流を止めるため、出血はほとんどないという。

※週刊ポスト2015年9月4日号

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP