• TOP
  • 芸能
  • 藤原紀香が大胆台詞の吹き替え 取材陣「過激すぎて使えない」

芸能

2015.09.01 16:00  週刊ポスト

藤原紀香が大胆台詞の吹き替え 取材陣「過激すぎて使えない」

藤原紀香が過激な台詞連発で報道陣も戸惑い

 WOWOWで11月から始まるドキュメンタリー番組『イザベラ・ロッセリーニのグリーン・ポルノ』の日本語吹き替えを担当した女優・藤原紀香(44)が魅せた。

 8月25日の公開アフレコには黒いラメのホットパンツに生脚、ピンヒール姿で現われたが、収録前から現場に集まった関係者はざわついていた。芸能レポーター・菊池真由子氏がいう。

「番組はイタリア出身の女優で映画監督のイザベラ・ロッセリーニが様々な動物になりきって生殖行為を説明する短編映画『グリーン・ポルノ』の製作秘話を報じるドキュメンタリーで、イザベラの声を紀香さんが吹き替えています。

 現場では紀香さん登場前に台本が配られたのですが、冒頭から『今夜は皆さんにセックスの話をします』というセリフがあり、他にもハムスターの出産シーンでは『あ…(息)』『ん…(息)』などと書かれていて、紀香さんが読むことを考えると思わずドキッとしました。

 取材に来ていたワイドショースタッフは『(過激すぎて)番組じゃ使えないよ……』と戸惑っていたくらいです」

 その後に40~50人の取材陣の前に登場した藤原は過激なセリフに戸惑うことなく台本を読み上げ、セクシーな“吐息”を衆人環視のもとで漏らしてみせた。さらに囲み取材では、

「セックス、ペニス、ヴァギナとかいろいろな用語を連発するけど、全くいやらしいことじゃなく、命の営みなんです」

 と堂々とした受け答え。さらに「(この作品を)舞台で一人芝居とかでやってみたい」とまで言ってのけた。

 6月に歌舞伎役者・片岡愛之助(43)との同棲を『女性セブン』にスクープされた後、最近も密着デート姿がフライデーされるなど、公私にわたって“肉食ぶり”を遺憾なく発揮している。そして、8月28日には揃って交際宣言をした。

※週刊ポスト2015年9月11日号

関連記事

トピックス