ライフ

大阪で花開く独自のカレー文化 インドやスリランカを意識か

『soma』のチキンキーマ+トマトカレー+お肉のカレー

 いま大阪では独自のカレー文化が花開いている。その視線は東京をはるか超え、スパイスの本場インドに、そして最近ではスリランカへと注がれている。

 大阪のカレーといって思い浮かぶのは、例えば東京に進出してすでに熱心なファンを獲得している『インデアンカレー』だ。最初は甘く感じるものの、スプーンを口に運ぶごとにどんどん辛さが攻めてくる独特のソース。付け合わせも含め東京にはないスタイルを確立している。大阪駅地下街の老舗『ピッコロ』や難波『元祖とんかつカレーの店カツヤ』なども濃厚なルウが魅力的だ。

 もともと大阪は洋食から発展したカレーの層がぶ厚いが、最近大阪で元気なカレーは、従来のものとはまったく異なる、独特の調合を売りにしたスパイスがゴロゴロしたカレーだ。

 例えばすでにリビングレジェンドと称される『カシミール』。具になっているのは豆腐とわかめなど味噌汁かと見紛う内容。ご主人はミュージシャンというだけあってまさにカレーのインプロビゼーション(即興演奏)だ。本格的インド料理のようだがインドには決して無いカレー。このあたりから大阪のカレーが面白くなり、独自の進化を始めたように思う。

 新しい大阪カレーの世界では『soma』が白眉だ。約30種類の焙煎したスパイスを使用したカレーは一口食べるとすぐ舌でハーモニーを奏で始める。チキンキーマ、トマトカレー、それにお肉のカレーと3種類のあいがけが良い。

 それぞれを楽しんだ後、ちょっと混ぜてみるとまさに多重奏の風味。油を使わず肉から出る脂だけで材料を炒めているので胃がもたれることもなく身体にも優しいカレーとなっている。満腹になっているはずなのに食後に若干の空腹感を覚えてしまうから驚く。

関連キーワード

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン